Astronaut

暮らしを豊かにするWebメディア。科学、ポルトガル語、アニメ、ブラジル、生活の知識etc、取り扱っております。最近は暗号通貨にハマりそうです。

science

理系の学生に読んで欲しい、内容が深くて面白い科学書11選。

僕は有名な科学者が書いた本が好きでよく読む。比較的分厚い本が多く、一苦労ではあるが、読み終わったときの満足感と新しい知識、発見、理論に触れながら、この宇宙の仕組みを知っていくのはとても胸のすくような思いになる。 何年か前に大学にいた頃は化学…

不確定性原理が保護する世界

前回、不確定性原理について紹介した。 それによれば、ミクロの粒子は完全な確実性で位置と運動量の両方を知るのは不可能である。そしてそこには交換条件がある。位置を正確に突き止めれば、運動量はそれだけ不明確になり、運動量を明確に突き止めれば、位置…

不確定性原理とは何か、世界一分かりやすく説明するよ。

今回は不確定性原理について、できる限り直感的に理解しやすいようにまとめたい。 数式では、 ΔxΔp ≧ h (または h/4π)と表される。 この式で、xは位置、pは運動量、よってΔxとΔpはそれぞれ位置と運動量の不確定性を表している。不確定性とはとりあえず誤差…

平方根の法則からみる人間や生物の体が原子に比べて大きな理由。

人間の体は大きいか。 これだけでは全く言葉が足りてなくてよく意味が分からない。身長2メートルの人は僕から見れば大きくてうらやましいし(でも冷静に考えたら、そんなに高くなくてもいいと思う。)クジラや象やキリンなどに比べれば人間は比較的小さい。…

あるようでほとんど何も無いスカスカの原子とその発見に至るまで。 

リチャード・ファインマンの言葉 「もし大洪水によって全ての科学的知識が破壊され、たった一つの文だけをのちの世代に残すとしたら、最も少ない語数で最も多くの情報を伝える表現は何だろうか?」 「万物は原子でできている。」 全てのものが原子からできて…