Astronaut

暮らしを豊かにするWebメディア。科学、ポルトガル語、アニメ、ブラジル、生活の知識etc、取り扱っております。

リオデジャネイロのおススメの観光スポットをまとめて紹介する。

【スポンサーリンク】

ぼくは今まで2回リオデジャネイロには行ったことがあり、いずれも一週間程滞在した。日本人からしたら治安の問題という不安要素はあるが、リオはブラジルの中では確かに、一度は行っておきたい観光地でもあると思う。
今回はそのリオデジャネイロの僕が実際に行ったことのあるおススメの観光スポットについてまとめておこうと思う。
(この記事はリライト記事です。写真が多すぎて、重すぎたので減らして文章も校正してスマートにしました。)

1.パゥン・ジ・アスーカル

f:id:kenya316:20170321174907j:plain

パゥン・ジ・アスーカルとは砂糖パンという意味で、海抜およそ400メートルの岩である。イパネマやコルコバードのキリスト像と共に一括りに世界遺産に登録されている。二つ似たような岩があって、最初にウルカの丘に行きそこからパゥン・ジ・アスーカルに移る。移動はロープウェイだ。パゥン・ジ・アスーカルからはイパネマやコパカバーナの海岸や、キリスト像も見える。

Bondinho

こちらのサイトに値段が載っている。大人は今だと76レアル。サイトからもチケットの購入はできるようだが、当日その場でも普通に買えるので特に必要はないと思う。

大体8:30~19:30までやっている。ちょっとサイトをみてもはっきりと良く分かりづらいのだが、チケット売り場は18:00までのよう。個人的にはちょっと暗くなってからの景色が街の外套できれいである。キリスト像もライトアップされるので是非見て頂きたい。

行き方はバスで行ってもいいし、タクシーでもいい。タクシーの方が簡単だと思う。morro de urca(モッホ・ジ・ウルカ), またはpao de acucar(パゥン・ジ・アスーカル)と言えば分かるはずだ。地下鉄はみたところBotafogoというところが最寄りとなっているが、そこからまだ1600メートルほどあるので、バスに乗る。乗る時に同じように聞けば教えてくれるだろう。

日が暮れてくると季節によっては少し涼しいかもしれない。

f:id:kenya316:20170321174913j:plain

地上からまずウルカの丘へ、そしてウルカの丘からパゥン・ジ・アスーカルへ二回、ロープウェイに乗ることになる。

f:id:kenya316:20170321174909j:plain

パゥン・ジ・アスーカルはコルコバードの丘ほどは人がいないので個人的にはリラックス出来た。

2.コルコバードの丘

有名なキリスト像がある丘。世界の新7不思議にも入っている。

f:id:kenya316:20170321175024j:plain

ここはかなりいつも観光客が来ていてものすごい人ごみになるのはしょうがない。何回か列に並ぶことになる。登山電車とミニバスという二つの方法がある。ぼくは二回とも予約は無しでミニバスで行った。像を見て、山を下るまでに午後2時半くらいまでかかったので、待ち時だけで2、3時間はあったと思う。それが嫌なら、登山電車で予約していくとよい。

trem do corcovado

こちらの公式サイトで出来る。

バスでコルコバードまで行く場合は、まず、largo do machado(ラルゴ・ド・マシャド)という所に行く。その辺りからでているバスでさらにcosmo velho(コズモ・ヴェリョ)に行くことになる。

ミニバスで行く場合は、勧誘というか誘導している人がいる。乗った後少し移動して、一回下ろされる。一体何かと思うが、近くにこの看板があり、そこでチケットを買うことになる。チケットを買った後再びミニバスに乗り込む。

f:id:kenya316:20170321174905j:plain

f:id:kenya316:20170321175022j:plain

3.コパカバーナ、イパネマのビーチ

f:id:kenya316:20170321175137j:plain

綺麗なビーチが延々と続く。人もかなりいるが、ビーチでのんびりしたり、海に入って泳いだりするのは最高に気持ちがいい。

海岸沿いには豪華なホテルなどが立ち並んでいて、一度はああいうところに泊まってみたかぎりである。

ビーチ沿いには超高級ホテルやマンションが立ち並ぶ。このあたりに住んでいるブラジル人はかなり裕福な部類だろう。ちなみにリオには世界最大級のファベーラ(貧民街)があり、ぼくもその入り口に当たるところを車で通過した。少し見上げればあまりにもでかいファベーラがあり、自作の赤っぽい家がひたすら並んでいた。リオはブラジルの光と闇がもっとも近く臨在している。

f:id:kenya316:20160307201454j:plain

夜のビーチ沿いもあるいてみた。

夜になっても相変わらず人の数は減らない。こういう所を歩くときはたくさん人がいるからといって、油断しない欲しい。ぼくもこの写真を撮るのにどれだけ背後や周りを警戒しながらとったことか。だからちょっとあまり良い写真では無い

f:id:kenya316:20170321175242j:plain

砂のアート。任意の値段、お金を寄付するとこの前で座って写真を撮らせてもらえる。2レアルとか3レアルくらいでも大丈夫だった気がする。というのもこのアートは2,3人による自主制作である。これ雨が降ったらどうなるんだろう・・・。

4.マラカナンスタジアム

f:id:kenya316:20170321175017j:plain

住所:Av. Pres. Castelo Branco, s/n - Maracanã、Rio de Janeiro - RJ、20271-130

リオ最大級のサッカースタジアムであり、この間のワールドカップが行われた場所でもあり、オリンピックでも使われる予定である。

行き方は簡単で地下鉄でestacao de maracanaを出ればすぐのところにある。

地下鉄を出ればすぐにスタジアムが目に飛び込んでくる。

値段は40レアル。今思うと結構高い気がする。

f:id:kenya316:20170321175019j:plain

サッカー有名選手が使用したユニフォームが展示されている。

f:id:kenya316:20170321174902j:plain

グラウンドに繋がる通路。選手の入場気分を味わうことが出来る!!

5.サン・セバスチャン大聖堂

住所:Av. Chile, 245, Rio de Janeiro, State of Rio de Janeiro 20031-170
f:id:kenya316:20170321175143j:plain

ただで入れる大聖堂で、全体にステンドグラスが張り巡らされている。見て回るのもそんなにかからないので、6で紹介する階段アートと一緒にいってみてはいかがだろうか。最寄りの地下鉄はCariocaというところ。

f:id:kenya316:20170321175239j:plain

外からの眺め。奇妙な形の建物なので見つけやすいだろう。

f:id:kenya316:20170321175140j:plain

f:id:kenya316:20170321175146j:plain

中はこんな感じ。神秘的で美しい。よくこんなものを作ったものである。

6.階段アート(セラロンの階段)

住所:R. Joaquim Silva, S/N - Centro、Rio de Janeiro - RJ、20241-110

f:id:kenya316:20170321175148j:plain

階段の両サイドに色んなタイルが張り巡らされている。ちなみにこの近くはちょっと物騒な雰囲気がするので少し気をつけた方がいいかもしれない。

f:id:kenya316:20170321175027j:plain

一番下から上に向けて取った写真。ココもすごい人がいた。

ココにあるタイルの中に日本代表として阪神タイガースの物があるらしい。しかし残念ながらぼくは見つけられなかった。下からすべて見たはずなのに・・・どこかで見落としたらしい。


とりあえずは以上である。

いずれはぼくもアマゾンがある、マナウスや、石英の砂丘で有名なレンソイス・マラニャンセスなどブラジルの北の方も訪れてみたいと思っている。