Astronaut

宇宙飛行士に憧れていました。科学、ポルトガル語、アニメ、ブラジルetc、取り扱っております。

ブラジル-アルゼンチンにまたがる秘境イグアスの滝に行ってきた!

【スポンサーリンク】

f:id:kenya316:20160220172107j:plain

イグアスの滝にも一年ほど前に行かせていただいた。アルゼンチンとブラジルにまたがる世界最大級の滝である。

行く前の友人と僕の会話

ぼく:まぁ世界最大級の滝と言っても、しょせん水が落ちているだけでしょ。

友人:は?

ぼく:要するに落ちている水の量が違うだけで、毎日のシャワーと同じじゃない?

友人:・・・・・

 

といった具合に、僕にとってはどうしても行きたいと思うようなものではなかった。友人の中にそういう人がいたから、仕方なく忙しい中で計画し行ってきた。その感想としては・・・

さすがにイグアスの滝はレベルが違った!!

ぼくは自分の発言の愚かさを知り、呪いさえした、そして悔い改めざるを得なかったのだ。そのぐらいココはすばらしい。本当に凄い!ぜひ一度機会があれば皆さんにも行って頂きたい。

イグアスの滝について簡単に

ちなみにイグアスというのは〝大いなる水〟と言う意味らしい。なるほど。確か一秒間に落ちる水の量が世界最大というデータがあったと思う。日々のシャワーと比較できるはずがないのだ。一般的にはイグアスの滝に行くにはアルゼンチン側とブラジル側の二つのアプローチがあるが、ブラジル側のフォス・ド・イグアスを拠点にした方が行きやすい。僕たちもそういうルートだった。アルゼンチン側とブラジル側のイグアスの滝では景観がやや違う。ブラジル側はどちらかというと滝全体が見渡せる景観が多い。もちろん遊歩道を歩きながらびしょ濡れになるほど滝の近くを歩く所もあるし、お金を払えばボートに乗ってかなり滝に近づける。ぼくたちはボートには乗らなかったが乗れたら一番いいと思う。アルゼンチン側は滝一つ一つを歩いて見て回っていくイメージ。一番有名な〝悪魔の喉笛〟というイグアスの滝の一番奥というか深い所というか、にもブラジル側よりもより近づいて見れる。予算や日程に余裕があればフォス・ド・イグアスからブラジル側、アルゼンチン側両方回ると言うのが一番良いと思う。ぼくはブラジル側しか行ったこと無いので、ブラジル側の景観を載せておく。ぼくの友達は両方行った。

着くまでの道のり

f:id:kenya316:20160220172108j:plain

これはぼくたちがサンパウロからの長距離バスで降りたバス停である。公式じゃないバス会社で安いけどちょっとアブなかったりする所のバスを使った。安かったからである。するとこんな場所で降りることになった。

あまりバス停には見えないし、バス内で物が盗まれることも多いのでおススメはできない。サンパウロやリオデジャネイロからイグアスに行く場合はちゃんとしたバスで行った方が良い。またフォス・ド・イグアスには国際空港があるので空の便も可である。空港からは直接イグアスまでのバスが出ているので簡単だ。

f:id:kenya316:20160220172109j:plain

ここは terminal de transporte urbano というバス停でココからイグアスへのバスが出ている。なのでもし迷った時はその辺のタクシーに terminal de transporte urbanoに行きたいと伝えれば問題ないと思う。

空港からは先ほど述べたようにたやすい。

 cataratas,iguacu fallsという看板がある前でバスに乗ればよい。イグアスまでは40分くらいだったと記憶している。バス賃の今ならおそらく4レアルくらいであろう。

f:id:kenya316:20160221052308j:plain

バスでしばらく行くとこのような所に着く。ここで降りればよい。

f:id:kenya316:20160220172110j:plain

チケット売り場の雰囲気はこんな感じ。確か基本的に荷物を預けないといけないので財布等貴重品は取り出して持っていく。ただし、滝の遊歩道はもう水に浸かったかのごとく濡れるので、何か対策のものがあったらよいと思う。ココから中に入るとバスに乗ることになる。バスでしばらくすると遊歩道入口につきそこから歩いて滝を見て回るのが一般的なコースだ。

Venda de Ingressos

ココに値段が載っている。事前に予約もできるがその場で買えばよいと思う。別に当日でも普通に買える。

景観

f:id:kenya316:20160220172113j:plain

 

f:id:kenya316:20160220172117j:plain

ボートが見える。どっかからあのボートに乗ることが出来る。

f:id:kenya316:20160220172118j:plain

 

f:id:kenya316:20160220172122j:plain

ちょっと離れた所から歩道は始まり徐々に近づいていく。

f:id:kenya316:20160220172111j:plain

中にはこういうハナグマがたくさんいる。鋭い爪でひっかくことがあるので可愛いからと絶対に手を出したり抱き上げようとしたりしてはいけない。

f:id:kenya316:20160220172120j:plain

 

f:id:kenya316:20160220172125j:plain

 

f:id:kenya316:20160220172127j:plain

 

f:id:kenya316:20160220172128j:plain

 

f:id:kenya316:20160220172132j:plain

 

f:id:kenya316:20160220172133j:plain

 

f:id:kenya316:20160220172134j:plain

こんな感じである。ちなみに遊歩道の手前でカッパを売っているがあんま意味無いので買う必要はない。必ずべたべたになるのでそのつもりで行くとよい。

Keynice 防水ケース iPhone6Plus Xperia GALAXY Note3も入る大きめサイズ対応

DicAPac/ディカパック デジタルカメラ専用防水ケース WP-ONE 100% 完全防水

こういうのがあればいいかもしれないので一応載せておく。以上であるが初めに述べたように是非アルゼンチン側も同時に行くことをお勧めする。

 

じゃあ今日はこれでありがとうございました。