Astronaut

宇宙飛行士に憧れていました。科学、ポルトガル語、アニメ、ブラジルetc、取り扱っております。

ポルトガル語動詞の動名詞的使い方について簡単に解説するよ。

【スポンサーリンク】

短い記事です。

f:id:kenya316:20161228150213j:plain

英語の例文

Speaking English is difficult.
英語を話すことは難しいです。

この時のSpeakingは動名詞と言い、~すること、と訳す。
本来動詞であるものに~ingをつけて、名詞として使う形だ。
現在進行形を作るときも、~ingをつけるが、それは現在分詞と言って別物である。ただ形が同じだけで。

ポルトガル語の勉強を始めた当初、ポルトガル語で動名詞を作る方法がよく分からなかった。現在分詞のように~ndoを付ければいいのだろうか?

答えは英語とは少し違い、ポルトガル語の場合は動詞の原型を使う。
原型を適切な箇所に置けばそれで、動名詞的な使い方ができるのである。

いくつか例を見てみよう。

Falar o inglês é mais facil que falar o português.
英語を話すことはポルトガル語を話すことよりも簡単です。


A única coisa que podia fazer era praticar todos os dias insistentemente.
私ができた唯一のことは、毎日ひたすら練習することです。


O que devemos fazer nesse caso é só lutar com os inimigos arriscando sua vida.

上のような文が作れるようになったら、ポルトガル語の表現力がかなりついていると思う。
3つほど、ポイントがある。
まず、英語で言うwhat(the thing that~ と訳し、名詞句を作る)と同じようにo queを用いることができる。èの前までで“その場合私たちがすべきこと”となる。

次にlutarが動名詞となっていて、闘うこと、となる。敵と。
ここまででも文としては完成している。しかし、さらにどういう状態で敵と闘うか。説明を少し加える。
~しながら、という意味を、現在分詞で後ろから説明する
“自分の命を懸けて(懸けながら)”、となる。
よってこの文は、
“その場合私たちがすべきことは、命を懸けて闘うことだけです”、となる。

何の映画のシーンだよ?

はい。動名詞については以上でした。