Astronaut

暮らしを豊かにするWebメディア。科学、ポルトガル語、アニメ、ブラジル、生活の知識etc、取り扱っております。最近は暗号通貨にハマりそうです。

ポルトガル語の過去分詞の使い方を3つ、しっかりマスターすれば、表現がかなり自由になるよ。

【スポンサーリンク】

今日は過去分詞の話。
英語でもそうだけど、過去分詞には3つの用法がある。
何かわかりますか?

たぶん受け身はすぐに思いつくと思う。

f:id:kenya316:20161228151824j:plain

答え

受動態
estar + 過去分詞で状態を表す
名詞の後ろに来て名詞を修飾


受動態

参考書に書いてある通り。

ser + 過去分詞 + por + 行為者
O almoço é preparado por minha mãe.
昼食は私の母によって準備されます。

ただ過去分詞の後ろは常に、porとは限らないので、
受動態の基本形はser + 過去分詞、これだけだ。
例えば、

Esta casa é feito de madeira. この家は木製です。(木から作られています。)

誰によって作られたかに触れれば、por + 人も加えるが無い場合も往々にしてあり得る。
受動態は以上。

estar + 過去分詞で主語の状態を表す。

英語との違いは、英語はbe動詞が、ser,estar両方の役割を果たすこと。

例えば、

That store is opened.

この文を“あの店は開けられる”と受け身で訳す人はいないだろう。
“あの店は開いている”が正しい。店がどういう状態(開いている)なのかを説明している。
このisをestarに変えれば良い。

Aquela loja está aberto a partir de 9 horas.
あの店は9時から開いている。
Eu estou cansado por sem comer o almoço.
昼食食べなかったから、私は疲れている。
Eu estou preocupado se ele passar a exame vestibular.
私は彼が入試に通るかどうか心配している。

“心配している”と訳すからと言って、preocupandoと現在進行形にしないこと。今心配しているのだから、間違ってはいないが、心配しているというのは、心の状態の不安さを表すもので動作を今まさに行っているのではない
日本語は現在進行形と状態、本来異なるものを~ている、と同じ活用を使っている。
英語の勉強をしていて、そのことに気づけていない人は実は結構いるのではないかと思う。
つまり、
あの店は開いている、という文を、

That store is opening.

とするのはあまりにもお粗末だろう。
ちなみに、上の英語だと、“あの店はオープン間近だ”みたいな意味になるのではないだろうか。

Estar + 何か、で状態を表すものはたくさんある。

Estou bravo 私は怒っている
Estou triste 私は悲しい
Estou feliz  私は嬉しい
Estou confuso 私は混乱している
Estou com dor de cabeça  私は頭が痛い
Estou com fome  私はお腹がすいている
Estou com febre  私は熱がある
Estou com gripe  私は風邪です
Está quebrado  壊れている
Está descoberto  発見されている、ばれている
Está chieo de ~  ~で満たされている、~で一杯だ

探せばいくらでもあるので省略。
ちなみにcom を使うときは、知覚や五感に関するときが基本。痛み、空腹など。

名詞の後ろに来て名詞を修飾

名詞のすぐ後ろに過去分詞を置いて、その名詞に説明を加える。説明を付け加えるという感覚を養うと話しながら言い足りないことをより具体化するために自然と付け加えたりできるようになると思う。

Tirei uma foto da montanha coberta de neve.
私は雪に覆われた山の写真を撮った。

私は山の写真を撮った、だけでも文として完成している。
じゃあどんな山なのか?具体的に指し示したいと話しながらふと思えば、名詞の後ろに加えればよい。

Onde você achou este copo quebrado?
あなたはどこで、この壊れたコップを見つけたのですか?

ただのコップではない。壊れたコップとquebradoで指定しているのが分かると思う。

Minha cartão de crédito roubado no ônibus me encontrou na delegacia.
バスで盗られた私のクレジットカードが警察署で見つかった。


過去分詞の使い方は以上の3つ。