Astronaut

暮らしを豊かにするWebメディア。科学、ポルトガル語、アニメ、ブラジル、生活の知識etc、取り扱っております。最近は暗号通貨にハマりそうです。

3人の奇跡の歌声!kalafinaのおすすめ曲、ランキングTop22

【スポンサーリンク】

こんにちは。

僕はkalafinaと言う歌手がすごい好きです。アニメ見る人はご存知かと思いますが、多くのアニソンを歌っていらっしゃいます。結構いくつかのアニメのアニソンを謳ってらっしゃいますが、僕の記憶に新しいところではアルドノア・ゼロのHeavenly blueとかFate UBWのBelieveとかでしょうか。

Kalafinaとは
元々は全7部からなる劇場版アニメ『空の境界(からのきょうかい)』主題歌プロジェクトのために結成されたユニットであった。 ユニット名についてはWakanaとKeikoがラジオ番組に出演した際「ユニット名の由来は秘密」と語ったりしていたが、名付け親の梶浦が「『Kalafina』は造語なんですよ。意味も由来も何もありません。」「意味は無いけど、ただちょっと東欧っぽい響きがいいな〜と思って付けたことは確かだけどね。」とツイートしている。「Kalafinaの名前の由来って何?と良く聞かれるんですが、実はあれ、ルーマニア古語の『Anifalak』の逆さ読みなんですよ。『神に背く者』という意味なんですって。」というのは梶浦のエイプリルフールネタ。

通称「梶浦語」と呼ばれる意味の無い造語によるハーモニーと攻撃的なライヴパフォーマンス(また風が強くなった、sprinter、to the beginning、heavenly blue、One Lightなど)

ライヴハウスアリーナ3人とも低音〜高音を卒なく熟せるが、役割分担としてはKeiko(低音)、Hikaru(中音)、Wakana(高音)である。また、立ち位置は向かって左から Hikaru → Keiko → Wakana である。    -wikipediaより

僕がkalafinaおすすめする理由はとても単純。歌がめっちゃうまいと思います。そして3人が作るハーモニーが感動するくらい綺麗だからです。LIVEの映像とかに見ると本当に歌が上手いというのがよくわかると思います。やっぱり歌手というのはこうあるあるべきだというのを再確認させられます。
なおランキング自体は僕の個人的な嗜好によるものなので偏りがあるかも。
本当はもっと絞りたかったけど、素晴らしい曲ばかりでどうしてもこれ以上は無理でした。
あるやつはyoutubeへの直リンクも貼ってあります。ページが重くなるのを防ぐため埋め込みではないですがご了承ください。
引用の中は歌詞の一部です。
じゃあまずは22位から。

*2017/8/20更新しました。自分がまだ、にわかkalafinaファンだったことを悔い改め、何曲か追加しました。一位は変化ありませんでしたが、上位の順位が大きく変わりました。

 

 

22

空色の椅子

ものすごく不思議な雰囲気のする歌。歌詞が気に入っている。情景が浮かんで来るように、日本語を丁寧に使い、噛み締めるように歌っている感じが好きです。

 

空色の椅子

空色の椅子

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

 

21

Red moon

多分結構マイナーなkalafinaの曲だと思うが、個人的には結構好き。

red moon

red moon

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

20

blaze

アニメ“アルスラーン戦記”のエンディング曲。僕はこのアニメ見たことが無いので分からないですが、アップテンポで疾走感のあってかっこいい。

blaze

blaze

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



19

to the beginning

アニメ“Fate / Zero”のOPに使われた曲。
耳に残って聞きやすい歌だと思います。Fate/Zero の主人公である衛宮切嗣をモチーフにいて作詞されているらしいですね。

もう誰も泣かない世界の為に
紅く汚された空の何処にも
届かず消える 叫びと祈り
慰めは捨てて行ける

ふむ。そう言われて歌詞を見ると何となくそういう雰囲気がありますね。作中主人公の衛宮切嗣は戦い方はすごい狡猾ですが、動機はとても純粋です。“もう誰も泣かない世界の為に”というところがありますが、まさにそのために戦っていますからね。そのためにどんどん手を汚していくのだけれど、ラストは10年後の話であるFate/stay nightの主人公である士郎という希望だけ残してあまりにも悲惨なものでした。そういうアニメの雰囲気がよく出ていると思います。

to the beginning - YouTube

to the beginning

to the beginning

  • Kalafina
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



18

storia

NHKの歴史番組“歴史秘話ヒストリア”の主題歌。番組にめっちゃあってますね。この、何というか哀愁漂う感じが素晴らしいです。

ヒナギクが咲いてた
白い月輝いてた
君の囁きで始まるよ
永久のstoria

シンプルでありながらも情景が浮かんでくるような詩的な表現に感じるのはやっぱり歌声によるところが大きいと思います。

優しい歌を君と歌いたい
五月の月が今此処にある
恋の歌が今宵響くから
冷たい胸を温もりで満たして
語ろう
愛のstoria

個人的にはこの部分がめちゃくちゃ好きな歌です。

Kalafina 『storia』 - YouTube

storia

storia

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

17

into the world

これも同じく歴史秘話ヒストリアのEDに使われた歌。やはりこの番組にすごく合ってますね。まず思ったのは"into the world"という曲の名前のセンスです。intoというのは直訳すると"~の中に"という意味であり、今までまだ未知だった世界に飛び出していくような入り込んでいくような、その"動き"を連想させるタイトルになっていると思います。日本語だとこういう微妙なニュアンスって付けづらっかたりするんですよね。そういうイメージで聞くとこの曲の良さがよりわかるかも。

夢の中へは一人で行くよ

歌詞のこの一部分が個人的にはすごく好きですね。なんとなく。

into the world

into the world

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

16

音楽

若干アップテンポでkalafinaらしい曲調の歌。

地味にいい歌だと思います。

 

音楽

音楽

  • Kalafina
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

15

oblivious

劇場版アニメ『空の境界 第一章 俯瞰風景』エンディング主題歌で、Kalafinaにとって最初のシングルでもある歌。obliviousとは“(何かを)忘れて”とか“(何かに)気付かずに”という意味があります。僕はこのアニメは見たことないから分からないですが、空の境界のキャラクター・巫条霧絵をイメージして書かれているらしいですね。個人的には非常にテンポが良くて聞いていて心地がいいです。

Kalafina oblivious (空之境界 第一章片尾曲) - YouTube

oblivious

oblivious

  • Kalafina
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



14

ひかりふる

劇場版“魔法少女まどかマギカ 永遠の物語”の主題歌として使われました。
アニメも見た僕にとっては最初の歌の入りから、鳥肌が立って泣きそうになるくらいkalafinaの美しい歌声が遺憾なく発揮された神曲。

私が何処にもいなくなっても
全てを照らす光の中
いつも君の側にいるから

儚すぎて
消えて行きそうな世界
だけど君がいる
それだけで守りたいと思った

この辺りの歌詞を聞くと、まどかなのか、ほむらなのか分からないですが、とりあえずそのあたりを思い出してまた泣きそうになるのが困るくらい好きです。

Kalafina - Hikari furu ひかりふる (Studio Live) - YouTube

ひかりふる

ひかりふる

  • Kalafina
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



 

13

君の銀の庭

同じく劇場版“魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語”に使われた歌。
普通に聞くとリズミカルできれいな歌に聞こえますが、googleで検索しようとすると“君の銀の庭 怖い”というキーワード候補が出ます。どういうこと?と思いながら検索してみると考察してる人が結構いますね。

【考察】 君の銀の庭|タマノオキオク ‐ 胡蝶の世界 ‐

やっぱり反逆の物語の結末が衝撃的すぎたのもあるのではないでしょうか。

君の銀の庭

君の銀の庭

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



12

満天

アニメFate/Zeroのエンディングに使われた曲。
Kalafinaっぽい歌だと思うけど、アニメ見ないとあまりピンと来ないかもしれないですね。雰囲気だけなら何となくつかめる動画がありました。英語で少しわかりづらいけど。

満天 by Yuka&Saika - YouTube

簡単に言うとまず、主人公の切嗣はすごいいい人なんですよね。
しかしシナリオは虚淵玄らしくダークな面が強いです。少ない人の命と多くの人の命を常に天秤にかけてきた切嗣にとっては聖杯を手にしても自身が知る選択肢しかありませんでした。
切ないですね。

満天

満天

  • Kalafina
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



11

Magia

これも魔法少女まどかマギカのエンディング曲。
この曲を聞くと、ワルプルギスの夜しか思い出せないです(笑)。あの絶望感がたまらなかった神アニメです。この歌もまさにkalafinaという感じがする歌だと思います。
ただ作詞作曲の梶浦由記さんは

何かを信じたい、願いを叶えたいという強い想いの先には、人が人であるからこそ起こせる奇蹟が待っているのかもしれません。

と言っています。

いつか君が瞳に灯す愛の光が
時を超えて
滅び急ぐ世界の夢を
確かに一つ壊すだろう

とか

子供の頃夢に見てた
古の魔法のように
闇さえ砕く力で
微笑む君に会いたい
怯えるこの手の中には
手折られた花の勇気
想いだけが頼る全て
光を呼び覚ます
願い

等、絶望感の中にあっても心が折れていない、強い意志や願いが感じられる歌詞がすごくいいです。まどマギのラストにとても合っていました。

Kalafina 『Magia』 - YouTube

Magia

Magia

  • Kalafina
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

10

夏の林檎

これはシングルではないんですが、個人的にはめちゃくちゃ好きな歌。何でしょう、歌声だけじゃなく曲自体も含めて耳障りがすごくいい。聞いているとすごく懐かしい感じがする。

Natsu no Ringo - YouTube

歌上手っ!!

夏の林檎

夏の林檎

  • Kalafina
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



9

夢の大地

これも“歴史秘話ヒストリア”で使われた曲です。
やっぱりこの壮大な雰囲気がいいですね。

僕らが行ける
限りある果てまで
遠ざかる未来を
懐かしく照らしてる

この歌を聞くと無性に家から飛び出してどこか旅立ちたくなります。

Kalafina 『夢の大地』 - YouTube

夢の大地

夢の大地

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



8

believe

アニメ“Fate / stay night UBW”のエンディングで使われた歌。

守ることさえ知らないけど
偽りの理想(おもい)でも構わない
生きてみたい
自分を

とか

過ぎて行く時の中で出会った
変わりゆく僕を信じている
この夢が果てるその先まで
切り開け蒼い日々を

この辺りの歌詞がめっちゃ好きなのでこの位置。サビのメロディーもすごい綺麗だと思います。

Kalafina – believe TV ver Ufotable Fate/Stay Night : Unlimited Blade Works. - YouTube

believe

believe

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

7

progressive

しっとりとした歌もいいのだけれど、こういうちょっとアップテンポな歌もすごくkalafinaっぽくていいです。Progressiveというのは英語で“進歩的な”とか“革新的な”という意味ですね。子供の頃は常に成長している実感があったけど、大人になるとて時々自分が停滞しているように感じる時がありますが、常に高みを目指して努力したいと思えるような。

僕らは何度でも生まれ変わるんだろう。

昨日を悔やむだけ悔やんだこの胸で

個人的には後悔するのは悪いことばかりではないと思っています。

後悔するということはその時の間違いが今では理解できるということなので、もし同じ場面に出くわしても同じ過ちを犯すことはないでしょう。そういう意味では少し自分が"生まれ変わった"と考えてもいいんじゃないでしょうか。同じミス繰り返したら駄目だけどね。

 

 

 

progressive

progressive

  • Kalafina
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

6

五月雨が過ぎたころに

ちょっと昔の歌のようなリズミカルな曲調にkalafinaの歌がマッチした良曲。明るい雰囲気がすごく気に入っています。

 

五月雨が過ぎた頃に

五月雨が過ぎた頃に

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

5

屋根の向こうに

この歌を5位に置くのは本当に心苦しい。

もっと上にしたかったがとりあえずこの位置にしました。初めて聞いたときに衝撃が走った。短いサビのメロディーと歌詞両方の美しさに本当に感動した。

 ありあまる光はいつも君の側にいた
本当はずっと前から君は知っていた

この2番のサビの部分。個人的なイメージですが、身近なところにある小さな幸せに気づかせてくれるような、つらいことがあっても、それでも自分は恵まれているし、生かされているんだということを教えてくれるそんな歌詞だと思います

優しい気持ちにになれるkalafinaの隠れた名曲

 

屋根の向こうに

屋根の向こうに

  • Kalafina
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

4

君が光に変えていく

劇場版“空の境界 第二章殺人考察”のエンディングで使われた歌。
僕はこのアニメは見てないので分からないですが、この歌について詳しく解説してくれているページがありました。以下。

君が光に変えて行く パート別歌詞 - kalafinaファンの庭

しっとりとした始まり方でありながら、後半の少しずつ盛り上がっていく感じがまさにこの歌のタイトルを表現しているようで気に入っています。

Kalafina 【君が光に変えて行く】live - YouTube

kalafinaのライヴ映像ではこれが一番好きかも。

君が光に変えて行く

君が光に変えて行く

  • Kalafina
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



3

heavenly blue

アニメ“アルドノアゼロ”のOPに使われた歌。
この歌は本当に本当に大好きですね。ここまでの他の歌とはちょっと一線を画すレベルです。
僕がkalafinaを好きになったきっかけの歌でもあります。アルドノアゼロのアニメの内容を本当によく体現している歌です。

空と水が星を染めて
淡く虹を描いて散って
眩しい夜君が歌う
声は何処まで届くのだろう

憧れの住まう
蒼い星のひかり
ただ僕らは恋をして
たったひとつの未来の為に
今の全て奏でてみる
飛び立つよ
まだ暗い空へ

全体としては地球の貴さを謳った歌なのかなと思います。
アルドノアゼロのアニメにおいても火星人はアルドノアの力で科学力こそ飛躍しましたが、地球のように緑や水、動物に恵まれていないので心の奥底で食物に恵まれ豊かに暮らす地球をうらやんでいます。その恋慕のような嫉妬の思いを為政者に煽られ戦争に駆り立てられます。放送当時、僕にとってはそのアニメの世界観を刷り込ませてくれるような効果があったんですよね。またラストの

君が夢見るなら
側に立って
同じ彼方へ手を伸ばすよ
君が信じた静かな空に
いつか僕も届くだろう
何処までも眩しい
heavenly blue

という部分はどうしても作中のイナホ(地球側の主人公)やスレイン(火星側の主人公)のことを言っているような気がします。君というのはアセイラム姫ですね。アセイラム姫は火星の王女で地球と和平を結びたいと切実に思っているキャラです。そしてイナホともスレインとも仲が良く、二人ともアセイラム姫を慕っています。ただ暗殺されたことになって、むしろ逆に戦争の引き金になってしまいますが。

間違いなくkalafinaの神曲。

Kalafina (heavenly blue) LIVE - YouTube

heavenly blue

heavenly blue

  • Kalafina
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

2

Never-ending

知る人ぞ知るkalafinaの超名曲。マジで大好き。やばいくらい好きです。前奏の時点で既に名曲感を醸し出している。やっぱり素晴らしい歌は一瞬でそれとわかるものだということを再確認させてくれる。こんなに美しい歌が世の中にあるのかとビビるレベル。

良くは分からないですが、歌詞を見てると、誰かがなくなった時のことを謳っているんじゃないかな。

カンテラが夜の海にただ淡く弧を描いて

もういない人を未来の光のように照らす

2番のサビのこの部分が一番好きです。カンテラというのは西洋っぽい石油ランプですね。"淡く弧を描いて"というのが最初よく分からなかったですが、ランプの光が作り出す 虹のような空気中に漂う光の筋のようなものでしょうか。

全体的には暗い雰囲気ですが、歌詞は希望を感じられるものになっています。

Kalafina - Neverending LIVE 2011(EngSub) - YouTube

 

neverending

neverending

  • Kalafina
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

1

光の旋律

アニメ“ソラノヲト”のオープニング曲。
僕のとってはkalafinaで一番の神曲。
イントロからすでにメロディーが超きれいですね。この歌が好きすぎてOPを聞くためだけにアニメまで見てしまったくらい(笑)。アニメも結構良かったですけどね。
アニメ“ソラノヲト”第一話で最初、主人公の彼方(かなた)が汽車に乗って軍支部に向かう場面でこの歌が流れたときのわくわく感が半端なかったです。大戦によって荒廃し、滅びつつある世界観づくりにものすごく成功したアニメでした。基本は辺境の軍支部での生活を描いた日常アニメだからインパクトに弱くてあまり話題にならないですが、最終話も、無難ながらもふんわりした感動が残る良作アニメでした。僕はアメイジンググレイス大好きなので、そういうところも相性が良かったかも。

と、アニメじゃなくて歌のランキングでした(笑)。

終始、普通に歌の曲調がすごく綺麗。

空の音響け、高く哀しみを超えて
今ここに生きてること 笑い合えるその日まで
優しさも夢もここに留めておけない
消えて行く光の中 明日を奏でて

やがて君の手が掴む氷久(とこしえ)の真実
かなわないと思うから
いっそ高らかな声で
その歌に君は希望と名付けて泣いた
夢見る人の心に 確かに届くよ

歌の雰囲気とは正反対に歌詞にはアニメの世界観を反映してか、切ない部分が多くあります。そのような、喜びと悲しみが入り乱れている感じがとても気に入ってます。あと最後の“その歌に君は希望と名付けて泣いた”という部分、この詩にすごくセンスを感じます。

Kalafina - Hikari no Senritsu LIVE - YouTube
これライヴとは思えないくらい本当に歌綺麗、最高ですね。

光の旋律

光の旋律

  • Kalafina
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

kalafinaを知ろうと思ったら、圧倒的に最近のベストアルバムがおすすめですよ。

 

 

THE BEST “Blue”

THE BEST “Blue”

 
THE BEST “Red”

THE BEST “Red”

 

 

 

 

以上。
またいいのがあったら随時更新してます。
僕の周りではKalafinaはあまり知名度が高くないかもですが、もっと評価されてもいいくらい、歌唱力とセンスのあるアーティストだと思うんですよね。今後も頑張っていただきたいです。
じゃ。