Saudades

ポルトガル語、宗教研究、株式投資を極めるwebメディア。飛騨高山についても発信中。

コロナショックを経た小口個人投資家の現在のポートフォリオとその理由を明確にしておく

スポンサードリンク

こんにちは。
個人投資家にとってはコロナショックは一時的にはとても痛手となった人が多かったのではないかと思います。
日経平均も一度は16000円台まで落ちましたので、みるみる資産が減少していく恐怖などもありましたね。
売りなどでリスクヘッジしていた方はまだよかったかもしれませんが、僕は基本的に信用取引はしないと決めているので一度はすべて損切りしましたがそれでもそれなりのマイナスを出してしまいました。
 ただその後日銀がETFの買い入れをはじめ、オリンピック延期発表以降はその損失をほぼすべて取り返しました(一度利確済み)
 そして現在は含み益をある程度抱えるに至りましたので現在のポートフォリオとその理由について後で自ら見返すことができるようにまとめることにしました。僕のように資金も多くないひよっこの個人投資家の方にとっても少しでも参考になれば幸いです。

現在のポートフォリオとまとめが次のようになっております。

f:id:my-load:20200523111654j:plain
楽天証券より

おお~!!
+16万くらいですね!最近の上昇相場でコロナショックの損失を取り戻すために一度利益確定しているので、純粋なプラスの利益になっています。非常にありがたいです。
 僕としては各銘柄は全然まだ伸びると思っているのでこのまま継続でホールドします。
これまで1年ほど個人投資家として投資をしてきて学んだこととしてざっと下記のようなことが挙げられます。
・専業投資家の場合、短期よりも長期の方が明らかに勝率が高い。
・負ける要因として利食いが早くなり、損切りが遅れるというパターンが多い。
・利食いが早くなるのは毎日株価を眺めるがゆえにプラスが出ると一度利確しておこうかなという精神的な弱さや不安故であることが多い。
・損切が遅くなるのは、自分が投資した銘柄に対する思い入れや必ず上がるはずだという思い込みであることが多い。
・インするタイミングは下がり途中ではなく、下げ止まったあたりか反転してからにすれば勝率が高い。
etc...

まったくまとまっておりませんが、大体こんな感じですね。
個人投資家の9割が負けるともいわれる投資の世界ですが、最もよく感じたのが自分の精神力の弱さです。株価は当然毎日チェックしておりますが、それ故に「下がった場合はもっと下がるのではないか、上がった場合はここが天井で売っておいたほうがいいのではないか?」という不安に駆られ、期待値の低いトレードになってしまっていることが多かったかなと思います。

よって個人投資家が負ける大きな要因は『毎日株価をチェックするから』ではないかと考えております。

逆に毎日株価をチェックしたとしても完全に合理的に判断できるようになれば勝率も上がっていくのではないかと少しずつ感じている今日この頃ですね。まぁそれは時間がたたないとわかりませんが。

また自分の中で10%損切ルールは基本的に実践しておりますが、損切りしなければサイバーステップが一週間後くらいに爆上げしたこともありました。あれはショックでした。損切ルールは大事ですが、インするのがちょっと早かったこと、業績がかなり良くなっていたことを過小評価していたことが敗因でした。
 いずれにせよ、もう少し長く持ち続けていれば、かなりのプラスに転じていたのに、、、という場面も多くバフェットは「投資の利益のほとんどは忍耐に対する報酬である」と言っていたのが身に沁みました。最近はそれを結構イメージしております。最近はぶっちゃけ日銀様様なところもありますが、これまでの一年は何とかプラスで終えることができ、なおかつ最初に紹介したように現在うれしいことに含み益真っ最中であり、所有している銘柄は全然まだ伸びしろがあると思っているので一度のトレードの利益率を+100%程度(ツーバガー)を目指しております。

現在のまとめ
所有銘柄数:5銘柄(いずれも日本株式、現物のみ)
総投資金額:89,0128円
現在価格:105,1100円(2020.05.23現在)
含み益:+16,0972円
投資金額に対する利益率:+18.08%

それでは個々の銘柄を購入した時期などを記していきます。


1. DDホールディングス

購入日:2020/4/27
購入価格:738円
購入株数:100株
購入金額:73,800円
現在価格 (2020.05.23):923円
現在金額 (2020.05.23):92,300円
含み益 (2020.05.23):18,500円
利益率 (2020.05.23):+25.06%

一つ目はDDホールディングスです。現在保有している銘柄には外食が結構多いです。これはコロナが完全に収まってはいない現在では多少リスクはありますが、感染者数がピークアウトしたあたりから少しずつ購入しました。最低でも日本国内のコロナが収まれば、倒産することはないと考えたからです。その中で選んだ一つ目がこのDDホールディングスになります。非常にユニークで上品な感じのレストランなどが多く、倒産したらとても惜しいと思ったからです。また継続されるかどうかはわかりませんが優待もあり、100株でも6,000円相当のDDポイントまたは優待券がもらえるのは魅力的です。外食はコロナの影響でたたき売られている現状で倒産しなければ上値余地はまだまだ高い銘柄ではないかと思います。実際既に含み利益率は25%に達しているので、インしたタイミングはよかったです。キャピタルゲイン(目標株価2,100円/2年とした)を狙いつつも優待で長期で持とうと思います。


2. クリエイト・レストランツ・ホールディングス

購入日:2020/05/13
購入価格:738円
購入株数:100株
購入金額:73,800円
現在価格 (2020.05.23):792円
現在金額 (2020.05.23):79,200円
含み益 (2020.05.23):5,400円
利益率 (2020.05.23):+7.31%

こちらもやはりコロナの影響でたたき売られていた銘柄。今までの自分の傾向として、利回りを重視して株を購入しても、結局キャピタルゲインを得るために売り払うということが多かったです。よって配当や優待を実際に受け取ったことは少なかったです。この銘柄は完全に優待目的で購入しました。優待ってどんなものかを自分で実感するために100株のみの購入にとどめておきました。緊急事態宣言もほとんど解除されたので、倒産はないのではないかと思っていますが、倒産した場合はあきらめるくらいの気持ちです。元々かなり人気の優待銘柄なので長期目標は1,200円に設定しています。


3. AND FACTORY

購入日:2020/04/23
購入価格:1,006円
購入株数:500株
購入金額:503,000円
現在価格 (2020.05.23):1,231円
現在金額 (2020.05.23):615,500円
含み益 (2020.05.23):112,500円
利益率 (2020.05.23):+22.36%

ここが僕が今一番本命で持っている銘柄です。この銘柄だけは、手元資金の多くない僕が500株の購入に踏み切りました。最近の決算の後に一度暴落しましたが、ちょうどその時を狙って購入し(それでもまだちょっと購入が早かった)現在すでに20%以上の含み利益率で購入してよかったです。長期で見ればこの銘柄の現在価格はかなり安いと思います。その理由として、①元々増益増収率がとてもよかったこと(四季報やみんかぶなどで確認できる)②コロナの前は2,000-2,500で推移しており、下落率が激しいこと(≒上値余地が十分ある)③主要な漫画アプリに加えて体験型宿泊施設のビジネスモデルがいいと思う。漫画アプリはどちらかというと巣籠銘柄であるのでコロナの影響がたとえ長く続いても十分利益を上げられるので倒産はないと踏みました。なおかつコロナが収束した場合、現在ホテル向けタブレットが拡大中であり、21年より広告収入が受領できるようになります。そうなれば収益率はまだまだ伸びる余地があると考えられること、および④最近優待の変更がありました。改悪だという人もいましたが、株数が多い人はむしろ利回りが上がる変更でした。それは小口の個人投資家を増やしすぎないようにし、複数単元で長期保有してくれる投資家を優遇する変更といえます。それは非常に理にかなった変更であり改悪ではないと判断しました。
 購入に至った経緯は以上のようなことが挙げられます。
1-2年範囲の長期投資、目標株価2,700-3,000円としました。


4. 長瀬産業

購入日:2020/05/07
購入価格:1,246円
購入株数:100株
購入金額:124,600円
現在価格 (2020.05.23):1,288円
現在金額 (2020.05.23):128,800円
含み益 (2020.05.23):4,200円
利益率 (2020.05.23):+3.37

4つ目がこの長瀬産業です。
長瀬産業は配当や優待がとてもいいのでずっと前から欲しかったのですが、コロナ前は大体1600円ほどで推移しておりちょっと高いなと思っていました。コロナでも思った通り下落幅は小さかったですがこれを機に購入しました。理由は以下の通り。
①長期保有の利回りがいい。
②樹脂原料・添加剤から機能性ポリマー、プラスチック製品、電子材料、機能性食品素材、医薬原料・中間体等製造業における必需品の商社であり倒産はない。
③かなり割安になっていた

まず①についてですが、配当利回りが大体3-4%程度、優待が保有期間にもよるが1,500-5,000円相当のものがもらえます。この銘柄は今後もずっと所有し続けるつもりでいます。後述する理由もありそれでほぼ負けはないと考えております。②について、コロナの影響で業績が悪化したところが多かったと思われます。ただ長瀬産業は樹脂原料・添加剤から機能性ポリマー、プラスチック製品、電子材料、機能性食品素材、医薬原料・中間体など製造業における必需品を取り扱っており業績の悪化も限定的であると踏みました。よって配当や優待も維持される可能性も高いと思います。加えてバイオや5G関連の商材の取り扱いも始めており将来もっと伸びる可能性も十分あると思います。


5. ギフト

購入日:2020/04/28
購入価格:1,147.15円
購入株数:100株
購入金額:114,715円
現在価格 (2020.05.23):1,353円
現在金額 (2020.05.23):135,300円
含み益 (2020.05.23):20,585円
利益率 (2020.05.23):+17.94%

ギフトが1,100円代で購入出来て僕は大変満足しています。
コロナの前は2,600円くらいまでいっていましたがコロナの影響で急落していました。
購入した理由は下記の通り。

①成長企業であること
②家系ラーメンが好きなこと
③コロナでもテイクアウトが強い

まず①に対してだが、ギフトは2018年10月にマザーズに上場した新興企業です。したがってまだ成長途中であり、伸びしろが十分にあると思われます。特に公式サイトを見ればわかりますが、「家系を世界への贈り物に」というビジョンが僕は大変共感できました。というのも僕自身ブラジルに住んでいたことがありますが、サンパウロの東洋人街にいっても本当においしいラーメン屋は存在しませんでした。日本に出店したら確実につぶれるであろうというレベルの味しかないのです。そのくらい日本のラーメンはトップクラスにおいしいと思います。今は難しいかもしれないがぜひ今後、海外における出店を増やしてほしいと思います。そしてそうなれば現在の株価は尋常じゃなく安いと思われます。
②に関しては純粋に家系ラーメンが好きであること。ギフトも年に2回の優待を実施していて、食事券がもらえる。とてもうれしいことですね。
③に関して、コロナの中でもテイクアウトなどを駆使して売り上げ低下を効果的に相殺していたことが挙げられます。ラーメンのテイクアウトであれば、ファミレスや居酒屋よりも人々がイメージしやすいので十分に注文が取れると踏みました。したがって万が一、日本でコロナの第二波が来ても十分耐えられると思います(個人的には第二波はないと思っています)


はい。
現在の僕のポートフォリオはこンな感じですかね。
こうしてみると外食が結構多いです。コロナが収束に向かい始めたので、最低でも国内の店舗が通常営業できるようになればたたき売られている外食銘柄は全然買いだと思います。もちろん銘柄の選定は重要ですが、これ以上にコロナにビビる必要も日本においてはないのではないでしょうか。甘いかな?
また大きな変化があったら更新などしていきたいです。

それでは


www.kenya316.com

www.kenya316.com

www.kenya316.com