Saudades

内外共に暮らしを豊かにするwebメディア

年会費無料で持ってるだけでお得なクレジットカード4つのメリットをまとめて紹介する。実際に持つと手放せなくなるよ。

スポンサードリンク

こんにちは。
年会費が無料のクレジットカードはたくさんあります。メインで使用するものは別に何でもいいのですが、それとは別に持ってるだけでお得なクレジットカードもいくつかあります。
年間で1500円相当のポイントがもらえたり、2500円分の食事券がついてきたり、10000以上の店舗で優待が受けられた李、16%offでホテル予約が出来たり、海外旅行保険が自動付帯だったりします。 巧く使えば本当にお得で、作るのもそんなに手間じゃないし、年会費無料だから作った後の管理も比較的気楽です。
今回はそんなクレジットカードをいくつか紹介しようと思います。
それでは。




MUJIカード

f:id:my-load:20181230201934j:plain
MUJIカード


MUJIカードはクレディセゾンがMUJIと提携して発行しているクレジットカードです。アメックスのの場合は年会費(3240円)がかかりますが、VISAだと年会費が無料です。
年会費が無料なのはやっぱりいいですね。


年間で1500円相当のポイントがつく。

f:id:my-load:20190601095328j:plain
公式サイトより

MUJIカードの一番のメリットは持ってるだけで年間にして1500円相当のポイントが付くことです。
5月と12月に500円ずつポイントが付き、自分の誕生月にカードを利用すると500円分のポイントが付きます。

f:id:my-load:20190601094740p:plain
スマホアプリで確認が楽。

持ってるだけでただでポイントが付くなんて太っ腹です。今なら新規入会でも1000円分のポイントがもらえます。

ただポイントの期限は一カ月と短めなので、使い忘れないようにしましょう。

筆者は近所に無印ショップがあるわけではないですが、MUJIカードは持ってます。ポイントはネットショップでも使えるので、家の近くになくても問題ありません。ただでもらえるポイントは送料で消えますが、中には送料無料のものもあります。

500円以下で買えるのに、送料全くかからないものも多からずあります。

普段から無印良品を利用している人がMUJIカードを創らないのは非常にもったいないです。

f:id:my-load:20181230195157j:plain

f:id:my-load:20181230195130j:plain
MUJI cafe menu

ポイントは無印のカフェでも利用できます。

MUJIカードの還元率は無印で使えば1.8%まで上がる。

MUJIカードの通常の還元率は0.5%で年会費無料のカードとしては一般的ですが、無印良品の国内店舗、ネットストアで使えば、3倍の永久不滅ポイントがたまります(還元率1.5%)。

f:id:my-load:20190601092704j:plain
公式サイトより
f:id:my-load:20190601092659j:plain
公式サイトより

永久不滅ポイントためて、無印の商品と交換することもできますが、MUJIショッピングポイントと交換することもできます。
200ポイントでショッピングポイントが1200ポイント(1200円相当)なので永久不滅ポイント1ポイントが6円相当となり、MUJIショッピングポイントへの交換なら、還元率が1.8%にまで上がる計算になります。
年会費無料のカードで還元率1.8%はとんでもない高さですね。

無印良品で買い物をするのが好きな人なら、MUJIカードを創らないのはめちゃくちゃもったいないです。


無印良品週間は10%ffで購入できる。

無印良品は年に数回、「無印良品週間」なるものをやっていて、その期間にMUJIカードで買い物をすると、ほとんどの商品が10%offで購入できます。
普段はちょっと高めで中々手が出せないものでもお得に買えるのは嬉しいですよね。
店舗だけでなく、ネットストアでも10%offになるので積極的に狙っていきたいですね。


MUJIマイルがたまってお得。

無印良品でも買い物でMUJIカードを使っていくとMUJIマイルがたまります。空のマイルとは何の関係もありません(笑)

f:id:my-load:20190601092655j:plain

f:id:my-load:20190601094735p:plain
スマホでも確認できる


1円辺り1MUJIマイルがたまります。
MUJIマイルをためていくと無印良品で買い物できるMUJIショッピングポイントがもらえます。年間にもらえるものと同じショッピングポイントです。

20万マイル以降は10万マイルごとに1000ポイントがもらえます。
ステージは持っているMUJIマイルに応じて勝手に上がっていきます。毎年2月にリセットされるようになっています。リセットされなければもっといいんですけどね。

MUJIカード公式サイト


このようにMUJIカードは無印良品を少しでも利用する人なら間違いなく持っていたほうがいいカードです。デザインもなかなか良くて、個性的な感じが気に入っています。
最近付与されたポイントはすぐに無印に行く予定がなかったので、ネットショップで無印のボールペンを買いました。



ワタミふれあいカード

f:id:my-load:20181230201930j:plain
ワタミふれあいカード


ワタミふれあいカードというカードも年会費無料で持っているだけでワタミ系列での利用がものすごくお得になるカードです。
ワタミふれあいカードは和民グループの飲食店での支払いが常に5%offになり、毎年2500円分の食事券がもらえます。
またワタミふれあいカードはワタミとイオンファイナンシャルサービスが提携して出しているカードなので、イオンカードとしてのメリットもあります。
国際ブランドはVISAだけとなっています。JCB,Master Cardはありません。VISAだったらシェアが広いので世界中で使えて安心ですね。


ワタミふれあいカードは年会費無料

ワタミふれあいカードの年会費は無料になっています。家族カードも無料です。家族カードで利用した分もポイント付与対象となるので、効率的にポイントがためられていいですね。
ETCカードも発行手数料、年会費ともに無料です。ETCカードの利用でも通常の買物と同じように0.5%の還元率でポイントがたまります。
0,5%の還元率ということは200円の利用につき1ポイントたまります。公共料金、携帯電話支払い、税金、保険料などの支払いでもポイントが貯められます。

f:id:my-load:20190601092834j:plain
ときめきポイントTOWN

またワタミふれあいカードはイオンカードなので「ときめきポイントTOWN」というモールを経由して通販で買物をすれば、還元率が上がります。ときめきポイント3倍~15倍といったお店がありますので、倍率の高いところで買えばかなり効率的にポイントを貯められそうですね。Amazonや楽天市場、LOHACOなど、メジャーなネットストアはありますので、買い物に困ることもないです。


和民グループのお店でいつでも5%oFFで支払いができる。

ワタミふれあいカードというくらいなので、やはり和民グループでの利用がお得です。和民グループの飲食店でワタミふれあいカードで支払いを行うと常時、会計が5%offになります。お店が混んでいる金曜日や祝前日、新年会忘年会の年末年始でも変わらず5%offになるのはかなりうれしいですよね。大人数であればあるほど、お得になります。
5万円のお会計なら、2500円も割引される計算です。

和民グループのお店には以下のようなところがあります。

・和民 ・坐・和民 ・わたみん家 ・GOHAN ・ちゃぶまる ・WANG'S GARDEN ・銀政 ・炭旬 ・TGI FRIDAYS ・ミライザカ ・三代目 鳥メロ



誕生月にはなんと2500円分の食事券がもらえる。

ワタミふれあいカードは入会時に1000円分の食事券がもらえます。
また毎年、自分の誕生月には、2500円分の食事券がもらえます。有効期限が翌々月の末までなので、比較的ゆとりはありますね。
何より年会費無料で毎年2500円分がタダでもらえるというのはほかにはありません。和民グループのお店を利用する人なら、ワタミふれあいカードはもっていて絶対に損はないカードです。
500円分の食事券が5枚入っており、一人当たり、1回の食事で1枚利用可能です。流石に枚数制限はあります。この券を使ってお店を利用してね、ということですね。
5人で行けば一気に5枚分利用することが出来ます。その場合は2500円会計から割引なので、やはりかなり得ですよね。


イオンカードの一種なのでイオン等でも5%offの日がある。

ワタミふれあいカードはイオンカードでもあるのでイオン系列のお店での利用がお得になります。
毎月20,30日はイオンはお客様感謝デーとなっており、イオンカードの利用で買い物代金が5%offになります。

イオングループの店舗
イオン、マックスバリュ、ビブレ、メガマート、イオンスーパーセンター、ダイエー、グルメシティ、マジックミシン、ミスタークラフトマン、スポーツオーソリティ、コックス、ニューステップ、クレアーズ

イオンやマックスバリュなんかは普段から使ってるって人も多いのではないでしょうか。
もし、年間50万円分イオンで買い物するとすれば、25000円も割引になる計算になります。食品などイオンで買ってる人なら50万円以上は普通に買い物しますよね。

毎月10日は「ありが10デー」というものをやっており、イオンカードかWAONでの支払いで通常よりもポイントが5倍になります。通常は200円につき1ポイントのところが5ポイントになるということなので還元率にすると2.5%でかなり高いですね!

またイオンシネマの料金をワタミふれあいカードで払うと本人と同伴者1名が300円引きになります。二人で600円もお得ですね。

ワタミふれあいカードのデメリットとしては通常の還元率は0.5%と決して高くないのでポイントがたまりやすいカードではありません。

ですのでメインカードとしてはおすすめではないですが、ワタミグループのお店を利用する人、イオングループのお店を利用する人にとっては絶大な効果を発揮するカードなので、サブカードとしてもつのは全然ありです。年会費も無料ですからね。

ワタミふれあいカード公式サイト



エポスカード


エポスカードは丸井のクレジットカードです。
年会費無料で年に何回か開催される丸井での10%offや海外旅行保険の自動付帯、10000以上の店舗で優待が受けられるなど、持ってるだけでお得なクレジットカードの筆頭です。

またインビテーションが来れば、年会費無料でエポスゴールドカードを持つこともでき、サブカードとしては最高クラスのカードになります。


エポスカードの年会費、還元率

エポスカードの年会費、入会金などはありません。無料です。ETCカードも無料です。家族カードはありません。ETCは有料のクレジットカードも結構ありますが、無料なのは嬉しいですね。筆者もエポスカードでETCカードを持っています。

エポスカードの通常の還元率は0.5%です。200円の決済で1ポイントがたまります。100円で1ポイントの楽天カードなどからすると還元率は高くないです。

f:id:my-load:20190601092809j:plain

ただし、エポスカードの「たまるマーケット」から決済すれば、通常よりも還元率がたかくなり、店舗によって2~30倍と一気に上がります。総合通販のamazonや楽天も入っているので不自由はないです。

f:id:my-load:20190601092805j:plain

「たまるマーケット」からはほかにも様々な店舗が利用できるので、通常の還元率が0.5%といってもうまく使えば、効率的にポイントがたまります。


「マルコとマルオの7日間」で10%oFF!!

丸井では「マルコとマルオ7日間」というセールが年に4回あり、その間はエポスカード決済すれば、丸井での買い物やネット通販でも10%offになります。本屋、家電、100円ショップ、ドラッグストアなどは例外ですが、洋服や時計、バッグ、雑貨など普段は中々買えないちょっと値段の張るものもかかなり安くなります。
10%offは大きいですね。50000円の物を買えば、5000円が割引になるということです。

f:id:my-load:20190601094727p:plain
マルコとマルオの7日間
f:id:my-load:20190601094719p:plain
マルコとマルオの7日間

丸井に入っている無印の商品も10%引きになります。無印でよく買物をする人にもおすすめです。

住んでいるところの近くに丸井がないって人でもネット通販の丸井webチャンネルでも10%offになるので近くに丸井がなくても問題ありません。

「マルコとマルオの7日間」は3月、5月、9月、11月に開催されることが多いです。


エポスカードは10000以上の店舗で様々な優待が受けられる。

f:id:my-load:20190601092802j:plain

エポスカードがサブカードとして活躍するのはやはり多くの店舗を優待価格で利用できるからです。その数は全国に10000店舗以上あります。
どのような店舗で使えるかは、公式サイトのエポトクプラザで確認できます。エポスカードを提示すするだけでいい店舗もあれば、エポスカードでの支払いが必要な店舗もあるのでしっかり確認しましょう。

レストランや飲食店はもちろん、遊園地やテーマパーク、カラオケ、映画館、スパ、温泉等、数がお多すぎて探すのが大変ですね。カラオケのシダックスやビッグエコーでも室料が30%offになります。

f:id:my-load:20190601094905p:plain
スマホアプリが楽
f:id:my-load:20190601094710p:plain
現在地で検索

エポスカードによる優待施設や店舗を探すときは、スマホアプリから探すのがいいです。現在地や地域を選択してい検索すれば割と早くたどり着けると思います。

僕もエポスカードは常に財布に入れて持ち歩いています。それだけで安心感があります。


エポスカードは海外旅行保険が自動付帯

エポスカードは年会費無料であるにも関わらず、海外旅行保険が自動付帯となっています。補償期間は1回の旅行あたり最長で90日間です。それだけあれば海外出張などでも大概の場合は、期間内にななるかと思います。出発前に手続きなどは不要であり、エポスカードを持っていけばOKです。
保険の内容は以下の通りです。

f:id:my-load:20190601092757j:plain

自動付帯というのがポイントです。異なるカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードを複数所有している場合、死亡・後遺障害以外の保険金は、複数のクレカの補償額が合算されます。

死亡・後遺傷害保険金だけは、複数のクレカのうち最も高い保険金額が限度にになります。

表をみればわかりますが、最も利用頻度の高いのは傷害治療費用、疾病治療費用です。つまり海外でけがをして病院にかかったとか、病気になって病院にかかったといった場合です。エポスカードの場合はそれぞれ200万、270万が限度額なので、メインのクレジットカードに海外旅行保険がついていても、それにさらに合算してプラスできるので、安心感が増しますね。
海外で病院にかかると思ったよりもかなり高額になりやすいです。
年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯のカードはエポスカードのほかにこの後に紹介するbooking.comカードや、横浜インビテーションカードがあります。
これらのカードを持っていれば、保険額が合算されて、海外旅行に行くときなどの補償がかなり充実してくるので、これは大きなメリットなのです。

f:id:my-load:20190601092754j:plain

またエポスゴールドカードになると、傷害、疾病の保険もそれぞれ300万になるので、年会費無料でエポスカードをしばらく利用して、ゴールドカードのインビテーションを待つというのもありです。

海外に行く機会の多い人や行きたい人はそれだけでエポスカードやbooking.comカードをもつ価値はあるかと思います。

エポスカードは通常の還元率は0.5%と低めですが、「たまるマーケット」を利用すれば、効率的にポイントをためることもできるし、全国のさまざまな店舗を優待価格で利用できるし、海外に行くときには、海外保険が自動付帯でリスクヘッジにもなる優れたカードです。 サブカードとして常に財布に入れておきたいカードなので、持ってない方は作ることを推奨します。




Booking.comカード



Booking.comカードは宿泊予約サイトbooking.comでの利用で優位性を発揮するカードです。年会費は無料で、還元率は1%と中々いいです。 三井住友VISAのbooking.comのサイトから予約することにより、更に5%のキャッシュバックを受けることが出来、カード発行した際にbooking.comの上級会員である「Genius会員」特典が得られるので、『Genius』特典があるホテルなどでは宿泊料金が10%offになります。 つまり通常の還元1%と専用サイトの還元5%とgenius特典を合わせると16%の還元率でホテルに泊まれたりする素晴らしい恩恵があるカードです。


booking.comカードの年会費等は?

年会費は無料です。
年会費がかからないというのは、作成するにも比較的気が楽ですよね。家族カードはありません。国際ブランドはVISAのみとなっております。VISAだったら、世界中どこでも使えるのでいいですね。ETCカードの発行手数料、年会費ともに無料です。ETCは年会費有料のカードも多くある中で無料であるのはありがたいですね。
ただし年に1回以上ETCカードの利用がない場合は、翌年540円の年会費がとられます。


還元率は??

booking.comカードで決済すると100円辺り1ポイントたまります。1ポイント1円相当なので、還元率は1%ということになります。booking.comカードでたまるのはキャッシュバックポイントなので、買物に決済した翌月の引き落としの際に自動的にポイント分がキャッシュバックされます。
利用がない場合は、引き落とし口座に振り込まれます。
現金とほぼ同じ価値があるのがこのポイントのいいところです。有効期限を気にする必要はないですし、自動でのバックなので自分で何かする必要もなく楽です。
そういう人には向いていると思います。


専用サイトから予約すると5%還元がプラスされる。

f:id:my-load:20181230195136j:plain

三井住友のbooking.comカードの専用サイトから予約すると、さらに5%還元率が上がります。100円ごとに5ポイント付与されます。年会費無料のカードで5%還元は驚異的な数値です。通常の1%もつくので実質6%還元になります。すごいですよね。


Booking.comカードを発行するとすぐにGenius会員になれる。

f:id:my-load:20181230195133j:plainf:id:my-load:20181230195139j:plain

これがbooking.comカードの大きなメリットです。booking.comカードを発行すると、入会特典として先着5万名にbooking.comの上級会員である『Genius会員』にすぐになれます。実際先ほどの写真にも右上に黄色の中にGeniusと書かれているのが分かります。
通常は『genius会員』になるのはBooking.comを利用して5回以上宿泊しないとなれませんがカード発行で1回も宿泊していなくてもなれます。
『Genius会員』になるとどんなメリットがあるかというと、一部対象ホテルの宿泊料金10%OFF、レイトチェックアウト、無料空港シャトル、ウェルカムドリンク、特に利用頻度が高い方には専用のカスタマーサービスなどの恩恵を受けられるようになります。
一番大きいのはやはり10%offですね。
先ほどの専用サイトの還元と合わせると、16%の還元率になるということです。ものすごいお得です。
Genius特典のあるホテルは次のように専用サイトでホテルの説明の中に黄色く『Genius』と書いてあるのでわかりやすいですね。
『Genius』特典が受けられるホテルは、口コミ件数の指定や、平均スコアが7.5以上のホテルという決まりがあるので、必然的に優良ホテルの可能性がた高いということですので、ホテル選びの基準にもなります。

Booking.comでホテルを探す際は、下にスクロールしながら、左のサイドバーを眺めていると、『全てのセール』というところがあります。 ここを選択すると、『プライベートセール』や『本日のお得宿』が優先的に表示されます。
さらに『Genius』の特典が付いているホテルであれば、かなり安くなっている可能性が高いのでおすすめです。

f:id:my-load:20190601092710j:plain

カードを発行すれば費用は掛からず『Genius会員』になれますが、180日以内に一度も予約しなかった場合には、会員資格がなくなるので注意しましょう。

旅行比較サイトや予約サイトが最近多いですが、Booking.comは『Genius会員』も含めると比較的安く泊まれることも多いので、持ってるだけでお得なクレジットカードです。


Booking.comカードは海外保険、国内保険もついている。

海外旅行傷害保険がついているクレジットカードは多いですが、Booking.comカードにもついています。その大きな利点としては、年会費無料でありながら、自動付帯の部分があることです。
エポスカードもそうでしたね。
死亡・後遺障害は、自動付帯の部分が最高300万、利用付帯の部分が1700万です。その他は自動付帯です。

f:id:my-load:20190601092707j:plain

海外旅行で最も利用する可能性があるのは傷害、疾病治療ですが、それぞれ100万と金額的には少なめです。ただ自動付帯であるのは、持っていくだけで上乗せできるので大きなメリット、リスクヘッジになります。
エポスカードと一緒に持っていきたいですね。





はい。
持ってるだけでお得なクレジットカードでした。
上手く使えたら、とてもお得に生活できそうですね。