Saudades

内外共に暮らしを豊かにするwebメディア

【縛りなしWiFi】のメリット・デメリット。実際に使ってみての感想と使い心地をまとめてみた。

スポンサードリンク

こんにちは。
個人的に最近引っ越しをしてアパート暮らしになったので、ネット回線をどうしようか悩んでいました。光にするのもいいけど、アパートなので工事をするのも面倒だし、また引っ越すかもしれないので難しいと感じていました。
 ソフトバンクでは工事が必要なく、コンセントを指すだけで使用可能なソフトバンクエアーを推していたのでそれも考えましたが、月額料金が4880円と高く、光の月額とそんなに変わらないじゃん、光よりも速度的には劣る癖に高いな、と思いました。
光ほど早くなくてもいいので月額も安いWifiないかなーと探していたところ、この『縛りなしWifi』を見つけました。
 使い始めてからまだ2カ月目ですが、結論としては僕のようにアパート暮らしでまた引っ越しをする可能性があったり、オンラインゲームなどでネットを使うようなヘビーユーザーでなかったり、月額で少しでも安いほうがいい、という方にはこの『縛りなしWifi』はかなりおすすめできます。
 使っていて今のところは何の不満もないです。



ということで今回は『縛りなしWifi』のメリット・デメリット、実際に使ってみての感想と使い心地についてまとめてみました。

『縛りなしWifi』を簡単に。
『縛りなしWifi』を簡単に紹介すると、その名の通りよくある『縛り』をなるべくなくしたレンタルモバイルWifiになります。何の『縛り』がないかというと具体的には以下の通り。
・契約期間の縛りがない。
・端末代、事務手数料などの初期費用がない。
・月7GBまでなどの月のデータ通信料の縛りがない。(ただし後述するようにキャリアによる一時的な速度制限はあり)





『縛りなしWifi』のメリット

『縛りなしWifi』は月額料金が安い。

『縛りなしWifi』は月額料金が安いです。3300円/月(税抜き)です。サービス内容がほぼ同じの民泊WifiであるSPACE Wifiは月額3680円です。比較的安いことで知られるFUJI Wifiは月の通信料の上限があっての安さなので25GBや50GBでは安いですが、それ以上となるとより高額になります。
 『縛りなしWifi』はプランが『縛りなし』で3300円/月のプランと『縛っちゃう』プランで2800円/月の二つしかなく、シンプルで分かりやすいのも個人的には良かったです。
 最近出てきた『どんなときもWifi』は通信速度の制限が完全にないのはかなりのメリットですが、月額3480円で3年目以降は3980円になるので、ネットの利用頻度によってどちらがいいかは決まってきます。僕はそもそもネットのヘビーユーザーではないので、月額料金が少しでも安い『縛りなしWifi』にしました。通信速度を完全に気にせずにネットを使いたい方は『どんなときもWifi』をおすすめします。ただし『どんなときもWifi』は3年目以降、月額が少し上がるのと、契約期間の縛りがあるので注意が必要です。

『縛りなしプラン』では契約期間もなく、いつでも解約できるので何か月かお試しに『縛りなしプラン』で使用し、自分のネット利用にも問題がないとわかったら一度解約して『縛っちゃうプラン』にするということも可能です。僕もそのうちやるかもしれません。


『縛りなしWifi』は初期費用が掛からない。

『縛りなしWifi』は端末レンタルで初期費用が掛かりません。

契約すると僕の場合は一週間ほどで端末が送られてきて、起動後、パスワードを入力すればすぐに利用可能となります。『どんなときもWifi』や『FUJI Wifi』では2000円~3000円の事務手数料が初期費用として掛かるのでその点でもシンプルに節約できていいです。


『縛りなしWifi』は契約期間の縛りがない。

『縛りなしWifi』は契約期間の縛りがありません。スマホ等に代表される通信業界は2年縛りが好きですが、『縛りなしWifi』はいつでも解約できます。いつ解約しても解約手数料がかからないというのが個人的には最大のメリットかと思います。
実際に使ってみて自分に合わなければ解約するということが可能です。
最近は『縛りなしWifi』のほかにも『SPACE Wifi』『FUJI Wifi』など、契約期間の縛りがないものが出てきています。

正確には最低二カ月の利用でいつでも解約できます。二カ月は利用しないといけないですが、2年の縛りがあるよりはずっといいです。
なぜ二か月かというと解約は前月申請となるので翌月末が解約日となるからです。解約する際は一カ月前に解約の手続きを済ませておきましょう。


いくつかのモバイルルーターサービスの基本情報をまとめると以下のようになります。

縛りなしWifi どんなときもWifi SPACE Wifi FUJI Wifi
月額料金 (税抜き) 3300円, 2800円 3480円, 3980円 3680円 2500円~4800円
初期費用 0円 3000円 0円 2000円
契約期間 無し 2年 無し 無し
通信制限/月 無し 無し 無し プランごと
一時的な速度制限 あり 無し あり 無し
契約解除料 無し 0~12か月 19000円, 13~24か月 14000円, 26か月目~ 9500円, 更新月 0円 無し 無し
端末補償プラン 500円/月 400円/月 500円/月 300円/月
支払い方法 クレジットカード クレジットカード、口座振替(手数料200円)、請求書払い(手数料300円) クレジットカード、口座振替 クレジットカード

『縛りなしWifi』は比較的安いのが分かりますね。


『縛りなしWifi』のデメリットは?

『縛りなしWifi』のデメリットが全くないわけでもありません。勿論何かしらのデメリットがあります。 それをしっかり理解したうえで契約することをお勧めします。


月の通信制限はないけど、キャリアによる一時的な速度制限がある。

これは少しわかりずらいかもしれません。『縛りなし』なんだから、通信制限はないんじゃないの?と思いますよね。正確に言うと月に何GBまでネットを利用できるという通信制限はありません。無制限です。そういう面ではやはり『縛りなし』です。
ただし、レンタルできる端末のキャリアにより、短い期間に大量のデータ通信料となった場合に一時的に速度制限がかかります。これは多くの人が利用する際に通信混雑を避けるためのものなので致し方がありません。
基本的に月の通信料無制限と謳っている大体のWifiサービスでもこの速度制限は存在します。
それとは別に月の上限が25GBとか100GBとか決まっているものはその範囲でなら一定期間にどれだけ使っても(例えば3日で10GBとか使ったとしても)速度制限はありません。FUJI WiFiなどがこれにあたります。
これが分かりづらいです。

レンタルできる端末にはWiMAXのものとソフトバンクのものの二種類があります。
『縛りなしWifi』の場合、具体的には以下のようになっています。

WiMAX・・・10GB/3日
Softbank・・・3GB/1日

WiMAXの端末の場合は3日の間に10GB以上使用すると一時的に速度制限がかかります。ソフトバンクの端末場合は3GBを1日で使用すると当日、速度制限がかかります。比較するとほとんど同じですが、WiMAXのほうが若干緩いですね。
これは先ほども言ったようにキャリアの決まりのようなものなので仕方がないです。ほかのWifiサービスでも基本あります。 ただし最近出てきた『どんなときもWifi』はこの速度制限さえありません。これはとても素晴らしいことで「どんなときもWifi」もかなりおすすめです。なぜ『どんなときもWifi』は速度制限がないかというと『クラウドSIM』というシステムを利用しているからです。簡単にいうと一台のルーターに対して複数のSIMを場合に応じて適用するので、例えば10GB/3日のデータ通信を行った場合、通常であれば速度制限がかかりますが、『どんなときもWifi』の場合は自動的にSIMの切り替えを行うのでまたリセットされるようなイメージです。かなり画期的です。僕も『どんなときもWifi』もありかと思っていますが、『縛りなしWifi』と比較すると月額が少し高いこと、契約期間の縛りがあることの2点で、今は『縛りなしWifi』で満足しています。
 もっとネット利用が増えてきたら変えるかもしれません。またオンラインゲームや動画視聴が相当多い人は最初から『どんなときもWifi』でもいいかもしれません。

ちなみに『縛りなしWifi』で実際にどの程度の速度が出ているかは後述します。


『縛りなしWifi』は端末が選べない。

『縛りなしWifi』は端末レンタルなので、端末は選べません。ネット上から契約する際に選択肢がありません。最新機種のラインナップは以下のようになっています。

f:id:my-load:20190815153224j:plain
公式サイトより

端末によって若干スペックが異なります。通信速度的には表示は基本ベストエフォート表示なのであまりあてにはなりません。ベストエフォートとは『最大で一応これだけ速度が出る仕様ではありますが、実際こんなに出ることはほぼないですよ』という感じの意味です。つまりあまりあてになりません。ただソフトバンクよりもWiMAXのほうが若干早いというのはよく聞きますね。
僕の場合はソフトバンクの端末が送られてきました。

f:id:my-load:20190815153305j:plain

f:id:my-load:20190815163000j:plain
裏にパスワードが載っています。

同封してあったのは端末とUSBケーブルのみで契約書などは入っていません。最低限『縛りなしWifi』で契約しているということだけは覚えておきましょう。
この端末自体はシンプルで使いやすいので特に不満はありません。軽いし、持ち運びもしやすいです。ただ後述するように、端末はレンタルなので壊したり、紛失してしまうと高額な端末代を支払わなければなりません。絶対壊したりしないように丁重に扱うようにしましょう。



端末レンタルなので壊したときに高額な端末代がかかる。

端末を壊したり、紛失したり、水没したりした場合に39800円という高額な端末代を支払わなけれなばりません。これは『縛りなしWifi』の大きなデメリットです。
ちなみに『どんなときもWifi』は18000円、『SPACE Wifi』は40000円、『FUJI Wifi』は20000円になっています。比較すると『縛りなしWifi』はやや高めとなっています。
月額有料のオプションである安心サポートプランに加入すれば、39800円が10000円にまで下がります。その代わり500円/月がかかります。またこのプランは契約時にしか加入できないのも微妙です。他のwifiでも大体同じような金額で補償プランがあります。
月額500円といっても1年で6000円、2年で12000円かかってしまうので、僕の場合は加入しないで壊さないように使うということにしました。実際普通に使っていれば、壊れることはそんなにないと思います。


以上『縛りなしWifi』のデメリットまとめ

・月の通信制限はないが、キャリアによる一時的な速度制限はある。
・端末を壊したときの端末代金が39800円と比較的高額
・端末が選択できない。

ということになります。

その他『縛りなしWifi』を使った感想や注意点、使い心地など

『縛りなしWifi』の通信速度はどのくらいなの?

僕は岐阜県の田舎に住んでいます。ちょっと前までソフトバンクエアーもエリア外だったところです(今は利用できます)。エリアとか通信速度とか大丈夫かなーと思っていましたが、実際に使ってみると何の問題もなかったです。僕の実家のよく分からないケーブルの通信速度よりも普通に早かったです。

実際に僕のパソコンでスピードテストを行ってみると以下のようになってました。またYoutube等の動画視聴には何の問題もありませんでした。僕のいる場所は本当に田舎なので、もっと都市部であれば速度ももっと出ると思いますが今の状態でもサイト閲覧や動画視聴に特に問題はあありませんのでこのままでいいかと思ってます。

f:id:my-load:20190815153232j:plain
僕のパソコンで測った結果

f:id:my-load:20190815153235j:plain
ツイッター上の報告



発送までに時間かかるの?

ツイッターやネット上では契約してから到着するまでにかなり時間がかかった、という報告があありますが、時期によります。特に3月から4月は新生活を始める人が多いので比較的遅くなる傾向にあります。配送に遅れは2週間ほどにわたるようで、申し込みが殺到しているとそういうこともあるようですが、僕はそんなことは全くなかったです。一週間弱で届いたのですぐに使い始めることが出来ました。
 明後日から使いたいとかよほど急務でなければそんなに過敏になる必要はないかと思います。


WiMAXの端末の場合、ハイスピードエリアプラスモードにすると別途1005円(税抜き)がかかる。

公式サイトにこのようにあります。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードへの切り替えは原則ご遠慮いただいております。
万が一お客様がハイスピードプラスエリアモードに切り替えを行ってしまった場合、
別途1,005円(税抜)の費用をご請求させていただきますのでご了承下さい。

また、一度でもハイスピードプラスエリアモードに切り替えを行うと、
月間の通信量上限が7GBまでとなってしまいます。(翌月になると通常通り10GB/3日となります)
上記理由による端末交換は行っておりませんので、ご注意下さい。

僕の端末はソフトバンクの端末なので関係ないですが、WiMAXの端末の場合、ハイスピードプラスエリアモードにすると余計に料金がかかります。どうやってハイスピードプラスエリアモードにするのか良く分からないですが、WiMAXの端末の人は念のため確認しておくといいかと思います。月額の安さで選んだのに高くなってたなんてことがあったら笑えないですからね。


端末のバッテリーは実際どのくらいもつの?

しっかり充電して使えば、僕の端末では10時間以上連続で使用可能でした。モバイルWifiでこのくらい使えれば十分なのではないでしょうか。設定で省電力設定にすることもできるので、うまく使えばもう少しもつと思います。また送られてきた状態で『高速起動設定』がonになっているので普段Wifiの電源をoffにしていても割とすぐに起動できるので、通常はoffにしていて、ネットを使うときだけonにしています。offにしていればバッテリーはそんなに減りません。

実際に使用した感想はこんな感じです。
以上より『縛りなしWifi』をお勧めする人は以下のような人です。

・月額料金がなるべく安いほうがいい人
・ネットのヘビーユーザーではない人(youtubeなどの動画視聴は問題なし。オンラインゲームなどは不可)
・契約期間や契約解除料がかからないほうがいい人
・初期費用が掛からないほうがいい人
・シンプルなレンタルWiFiがいい人
・アパート暮らしで引っ越しの予定がある人

逆にお勧めしない人は以下のような人です。

・速度制限に引っかかるほどネット利用の多い人
・海外でも利用したい人

個人的には契約期間の縛りがないのは契約するハードルがぐっと下がるので助かりました。僕くらいのネット利用であれば全く問題ありませんでしたので今も『縛りなしWifi』を使っています。
 解約が申請月から翌月末であることを考えると最短で2カ月は利用しなといけないですが、悩んでいる人はまず試してみることをお勧めします。



また、大量の動画視聴やオンラインゲームなどでも使いたい!という人には最近出た『どんなときもWifi』がかなりおすすめです。月額は『縛りなしWifi』よりも少し高いですが、海外利用もでき、速度制限も完全にないのでガンガン使えます。




以上です。