Saudades

ポルトガル語、宗教研究、株式投資を極めるwebメディア。飛騨高山についても発信中。

『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の感想および評価。批判する人の気持ちもわかるけど、めっちゃ良かったと思うよ。

スポンサードリンク

こんにちは。

f:id:my-load:20200105111758j:plain
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

先日、『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』見てきました。
スターウォーズは自分が子供のころからずっと見てますし、超熱狂的なファンというわけではないですが、大好きです。
エピソード7,8も映画館で鑑賞しました。
率直に申し上げますとエピソード7,8は悪くはなかったですが、エピソード2,3の方が面白いなという印象でした。
さすがに前作は越えられないか、と思っていました。
それではエピソード9『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』はどうだったかというと個人的な感想および評価ですが、かなり良かったです。
ネット上でよく叩かれていたエピソード8の続きだから大丈夫かなーと思いましたが、全く杞憂でした。
何がよかったかというと王道だけど感動する演出と、前作や過去作に対するリスペクトが感じられるところかなーと思います。
まぁ人によってはフォースの力がインフレし過ぎ、というのはあるかと思いますが、エピソード7,8,9の真の敵があの人だったことも『スカイウォーカーの夜明け』というサブタイトルに繋がっているんだろうなあと感じました。
ネット上では結構辛辣な評価や感想も多かったので、僕としては『いや、これはこれでいいんじゃない?』という想いと、監督に対する感謝を込めて、『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の感想と個人的な評価を超簡単にまとめてみました。
完全なネタバレなのでまだ視聴してないという人は見ないでくださいね。
それでは。



実は生きていた『パルパティーン』こと『ダース・シディアス』

生きとったんかい、ワレ!!
開幕1分で最初に流れるスターウォーズおなじみのナレーションで明らかとなりました。
だれもが全力でツッコんだはず。
パルパティーンことダース・シディアスは生きてました。
生きてましたっていうか一度死にはしたみたいです。でもシスのフォースの力だか、科学力だかでクローンとして、そこに在るみたいな説明がされていましたね。
前作であっさり死亡したスノークはパルパティーンが作り出した幻影のようなものだそうです。
そして『隠されたシスの星エクセゴル』で力を蓄えてました。
後述しますが、相変わらずフォースの暗黒面の力強すぎです。この人。なんなん。
しぶとさはすでに宇宙一ですね。
過去作でもパルパティーンには中々とどめがさせないことが多いんですよね。
メイス・ウィンドウもアナキンに邪魔されたり、ヨーダでも仕留め損ねたり、エピソード6でも穴に落ちていっただけですし、明確な死が描かれてはいなかったので個人的にはまぁ別に気になりませんでした。
ベン・ソロはスノークを通してパルパティーンの暗黒面の力に触れていたんですね。

ちなみに僕は最初のナレーションでパルパティーンの名前が出てきた時点でレイの血筋はピンときました。そういう人は結構いたんじゃないでしょうか。
結果、ドンピシャりでした。


『レイ』は『パルパティーン』の孫でした。

f:id:my-load:20200105111804j:plain
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

前作では市井の名もなき人々がレイの両親だといっていましたが、実はレイはパルパティーンの孫でレイの両親がパルパティーンによって殺されないようにジャクーに隠したようです。
レイがパルパティーンの孫であるというのは開幕すぐにピンときました。
だって明らかにレイのフォースは強すぎますからね。
これで血筋に何もないってことは少ないんじゃないですか。ルークの血筋でもないなら、この強さが説明できるのはパルパティーンですよね。
途中で『レイ』と『カイロ・レン』が飛び立とうとする飛行船をフォースで奪い合うシーンがあるのですが、その時にレイのフォースが暴発して飛行船は墜落します。
この時点に確信に変わりました。
あの電撃のようなフォースは対象を焼き払うだけの技なので基本的にシスしか使用しないですよね。これまでもダース・シディアスとドゥークー伯爵が使っていたくらい。
公式には『フォース・ライトニング』というみたいですね。もちろんレイはシスではないですが、フォースの力が強すぎて制御できなくなったのでしょう。
あれはわかりやすいヒントでした。
そしてレイは自分の正体に恐れるようになりますが、『恐れとの戦いはジェダイの宿命』であるとルークがレイに言ったように過去作を踏襲して、レイの心の葛藤がよく描かれていたのではないでしょうか。
ジェダイ評議会があったころはジェダイになろうとすれば、恐れを克服するためにもっと幼少期から訓練が必要なのですが、今の時代は何もないですからね。レイがジェダイになるのは人手不足なので仕方がないです(笑)
パルパティーンはレイの両親ともどもレイも殺そうとしていました。シスは古来より、そのエゴゆえの性というか弟子に師匠が殺されるのが当たり前なのでパルパティーンからすれば自分と同じくらいのフォースの力を持ったレイを恐れたということです。


『カイロレン』改め『ベン・ソロ』について

『ベン・ソロ』も本作では非常に魅力的な人物だったと思います。
パルパティーンが出てきて個人的に非常に納得できたのは『ベン・ソロ』がなぜ暗黒面に堕ちたか、ということです。
結局ベン・ソロはスノークを通してパルパティーンの暗黒面の力にずって触れていたので、その力が強大すぎて怖かったんですよね。
パルパティーンの存在までは感知していなかったでしょうから、パルパティーンのフォースの暗黒面の力を、スノークと帝国全体の力として感じ、これはさすがに勝てないなと。
だから仕方なく、暗黒面についてダース・ベイダーのように強くなろうとしていたと。
エピソード8でスノークを倒す前後でも、ベン・ソロはレイを味方につけようとしていました。
パルパティーンの生存が銀河に明らかになる前からただ一人、その力に触れていたとすれば、フォースの暗黒面を恐れるのもうなずけますね。
しかし結局は、レイアによって呼び止められ、レイに敗れてカイロレンは死に、ハン・ソロに背中を押されて暗黒面に立ち向かうようになったと思うと、レイから受け取った青いライトセイバーをベン・ソロがふるうシーンが非常に感慨深かったわけですよ。
ダースベイダーもパルパティーンを裏切りましたが、青いライトセイバーを持つシーンはなかったですしね。
一度暗黒面に堕ちたとしても、ジェダイがシスになるように、シスからジェダイに転身することもできるとはっきり示してくれた存在だと思います。

最後、ベン・ソロがレイにフォースを与えて死にましたが、まぁ死んだのは『カイロ・レン』の時に多くの命を奪ったことがあるので仕方ないかなと思いますが、死んだ後、レイアとともに体が消えましたよね。
あれは『フォースと一つになった』ということを表しているんですよね。
つまり死ぬときは『ジェダイとして死んだ』と。


『カイロレン』と『レイ』がベイダー卿のマスクの柱を破壊するシーン

f:id:my-load:20200105111809j:plain
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

戦いの中でたまたまこうなっただけですが、これは後の出来事を象徴するシーンだと思います。
つまり『レイ』と『ベン・ソロ』で暗黒面に立ち向かうと。実際その通りになりました。


最後、『レイ』に聞こえた先人ジェダイの声

パルパティーンにやられそうになった『レイ』に修行中は聞こえなかった先人のジェダイたちの声が聞こえます。
まぁ『レイ』はほとんど知らない人物たちですが、ファンにとっては非常にうれしい演出でしたね。僕はヨーダしか聞き取れなかったですが(笑)
以下の人物の声だったらしいです。

ルーク(マーク・ハミル)
ヨーダ(フランク・オズ)
メイス・ウィンドゥ(サミュエル・L・ジャクソン)
クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)
アナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)
アソーカ・タノ(アシュリー・エクスタイン)
ケイナン・ジャラス(フレディ・プリンゼ・ジュニア)
オビワン・ケノービ
アイラ・セキュラ(EP2&3)
アディ・ガリア(EP1&EP2)
ルミナ―ラ・アンドゥリィ(EP2)

僕の大好きなメイス・ウィンドウが入ってるよ~~~~~~~!!!
単騎でダース・シディアスを追い詰めるほどの実力を持ってますからね。アナキンがバカみたいな邪魔しなければ、シディアス倒せたのに~~~。
クワイ・ガン・ジンが入っているのもとても嬉しいですね!!
クワイ・ガン・ジンはとてもいい人でしたからね。
後はよくわからない人も結構入っています。
エピソード7,8,9はライトセイバーでの戦いはそれほど激しいものはないですよね。でもそれもよく考えれば当たり前のこと。エピソード1,2,3の時代はジェダイ評議会なるものがあったのに対して、この時代は何もないですからね。ジェダイはほとんど滅んだ後。
師匠もろくにいない。だからやっぱりアナキンたちの時代のジェダイはレベルが違ったらしいです。
ヨーダとか強すぎますからね。


フォースの力がインフレし過ぎな件について

まぁ、これを批判する人の気持ちはわからなくもないですよ。
僕はそこまで気にならなかったけど。
まずフォースを使って傷を癒すシーン。レイが大きな蛇の傷を治したり、ベン・ソロの傷をいやしたり、最終的にはベンソロは自分のフォースでレイを生き返らせて息絶えました。
これが嫌だったという人も結構いたようです。
フォースは万能の魔法じゃない、と。
ただねぇ、フォースなんて元々どういう力なのか、明確に定義されているわけでもないし、前作まででフォースの力のすべてが語られているわけないんじゃないでしょうか。
僕はそう思ったので、まぁ別にいいかなくらいに捉えられたので気になりませんでした。

f:id:my-load:20200105111813j:plain
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

そしてパルパティーンことダース・シディアスのフォースライトニング。
艦隊をまとめて落とすレベルのチート性能。
これはマジで強すぎですね。あのフォースライトニングを単騎で押しとどめたメイス・ウィンドウの株が暴騰しました!
ただやっぱりパルパティーンの力はあれだけ強かったからこそ、その力にルークと修行中の時から触れていたベン・ソロは恐れたんじゃないかな。そういう意味ではむしろ逆に説得力がありました。
まぁ確かに強すぎたけど。


『スカイウォーカーの夜明け』のタイトル回収

最後、レイはルークが元々いたタトゥイーンの惑星に降り立ちます。そこでルークの住んでいたところに戻ってきて、ルークとレイアのライトセイバーを地中に埋め自作のライトセイバーを手にします。
レイの最後のライトセーバーの色は金色でしたね。
今まではなかったかな。あったかな?
もし数年後にまた『スターウォーズ』の映画が作られるなら、この時代より何十年か経っていて、レイが結構高齢で出てきて、マスター・レイとかになってジェダイ評議会がまた出来ていてくれればうれしいな~と個人的には思いました。
まぁただの願望です。

名前を尋ねられた『レイ』は自らのファミリーネームを『スカイウォーカー』といいます。
これはこれでよかったのではないでしょうか。
というのも、タイトルをしっかり回収してますし、『レイ』がパルパティーンの血筋に囚われず、『スカイウォーカー』の名前と意志を引き継いでジェダイとして生きていくことを明確に示してくれたからです。


ただ一つ残念だったのは。

僕が一つだけ残念に思ったのは、最後にパルパティーンを倒すときにライトセイバーでの戦いがなかったことです。
これは入れてほしかった!!
スターウォーズのファンが一番待ち望んでいるのは、これはやっぱりライトセイバーでの激しい剣戟なんだよね~。これだけは間違いない。
まぁ先ほどの理由で、ライトセイバーでの戦いが激しくないのは仕方がないとしてもせっかくパルパティーンもなんかいきなりレイたちのフォースを吸って蘇ったんだから、そこはベン・ソロと二人でダース・シディアスとライトセイバーで戦えよおおおおおお!!

と思いました。
ダース・シディアスはヨーダと引き分けに持ち込めるくらいにライトセイバーの扱いも神クラスですが、レイとベン・ソロがルークとレイアのライトセイバーを手に倒すほうが良かったんじゃないかな。先人たちの声をそれはそれでシーン挟んだらいいし。

それだけは非常に残念でした。
ですのでライトセイバーでの戦いのクライマックスは『レイ』と『カイロレン』が荒波の中で戦うところですね。
そんなところで戦うなよ!と思いましたが。

ということで『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の感想および評価でした。
ネット上には非常に辛辣な意見や評価も多いですが、僕はかなり好きです。どうせそういう人たちはどんな次回作を作っても過去の作品を美化しすぎて高評価はつけられないでしょう。
全員がそうだとは思わないですが、ひねくれて、斜めから見て、純粋に作品を楽しめないのはもったいないですね。
そんなに『過去』が好きか。
ジェダイの先人たちの声が聞こえるシーン、人民の援軍が大量に駆けつけるシーン、ベン・ソロにハン・ソロが語り掛けるシーン、ベン・ソロが青いライトセイバーを手にするシーン、レイがスカイウォーカーを名乗るシーンなど、僕はとても感動しましたし、監督は過去作に敬意を払いながらも新しいスターウォーズ作品として非常によい仕事をしてくれたと思います。
じゃ。