Saudades

内外共に暮らしを豊かにするwebメディア

ポルトガル語の勉強法。最も効率的に実践的な力を身につける為の4STEPをポルトガル語歴7年の僕が考えてみた。

スポンサードリンク

こんにちは。
今日はブラジルに3年ほど住んでいた経験から、最も効率的なブラジルポルトガル語の勉強方法を具体的に考えてみた。効果的に勉強をすれば、比較的短期間に話せるようになると思う。
4STEPに分けて紹介するが、重点的に学習するところが変わってしていくだけですべて同時進行で行うのがいい。
それでは。



STEP1: 正しい発音を頭で理解する。口で練習して身につける。

きれいな発音を身につけることはポルトガル語をマスターするうえでものすごく大切なことである。これは必ず一番最初にやるべきだ。間違った発音で勉強を進めてしまうとそれに慣れてしまう危険がある。後で矯正するのは余計なエネルギーを使うことになる。僕がそうだった。


なぜ正しい発音が必要なのか。

これは個人的な経験によるが、一年くらいブラジルに住んでも僕のポルトガル語力は大したことはなかった。のちにそれは発音が正しくなかったことに起因していることに気付いた。
参考書などを見るとポルトガル語の発音は基本的にローマ字読みであるかのように書いてあることがあるが、ローマ字読みとはちょっと異なる発音が多々存在する。それが正確に発音できるか否かで実践的な力や学ぶスピードが天地の差になる。
というのも発音が正しくないと自分が話したポルトガル語が現地の人に理解されないことが多い。せっかく勉強したのに伝わらないと自信をなくすという悪循環に陥る恐れがある。
また如何にその単語を知っていたとしても正しい発音が出来ていなければ聞き取ることは出来ない。すなわちこれは、ブラジルに住む日本人の方にも言われたが、『自分の中にない発音は聞き取れない』のである。
だから最初にきれいな発音を身につけるのは絶対条件だ、と強調しておきたい。


どうやってきれいな発音を身に付ければいいか?

基本的には大体、文法書の最初のほうに発音が紹介されているのでしっかりと覚えるようにする。ただ、特に日本人が間違えて覚えてしまいやすい発音については以前記事を書いたので参考にしてもらいたい。

ポルトガル語を勉強するなら発音練習は絶対必要。

これは僕がブラジルにいたときに、サンパウロ大学に通うすごく頭のいいブラジル人に一カ月かけて教わったことなので正確な内容である。


発音練習は実際に自分の口でしゃべって行う。

正しい発音を身に付けるには、実際に自分の口で言って慣れさせる過程が必ず必要。なぜかというと、外国語は舌の力を使う発音が時たまある。『R』などだ。しかし日本語は舌の力をあまり使わない平坦な発音なので、英語を既に習得していれば問題ないが、僕のようにポルトガル語から入る人は特に重要だ。必ず正しい発音の口で何度も言って慣れさせる訓練をするべきだ。

なおこの時点ではまだ文法や単語をそれほど多く理解していないので、STEP2をある程度やったら、もう一度自分の発音を確認してみよう。その時はポルトガル語の文章などを読みながら、一単語一単語僕の記事を参考にして、正しい発音で話す意識をもって音読をするといい。
その際、別に早く読む必要はないので、一単語一単語完璧な発音で読む意識でやれば1~2週間ほどでかなりきれいな発音を身につけられると思う。ちなみにきれいな発音で読もうとすると読みづらいと感じるかもしれないが、それでいい。その口に慣れさせる必要がある。


STEP2 : 文法を知り、単語力を身につけ、よく使う慣用表現などを暗記する。

発音の大切さを強調するためにSTEP1としたが、文法や単語力、表現力を身につけることは同時進行的にやればいい。


一通りの基本的な文法をマスターする。

まずはポルトガル語の文法をしっかり理解しよう。
ポルトガル語を学んでいく全ての人にお勧めしたい参考書がニューエクスプレスブラジルポルトガル語 /白水社/香川正子だ。僕が一番最初に買った参考書であり、ほかにもいろいろ見たが、なんだかんだこれが一番いい。正直何冊も買うならこれを何周もするほうがずっと勉強になる。内容に全く無駄がない。また本書の会話の中で使われている慣用表現なども、日常生活でよく使うものをうまく選んであるので、この参考書の中にある単語や表現も完璧にマスターすれば、それだけで結構話せるようになると思う。
つまりこの本に書いてあることをすべて覚える勢いで勉強すればいい。

ポルトガル語は動詞の活用が死ぬほど多くて難しい。

英語との大きな違いは活用の多さであろう。数ある活用を覚えて適切に用いるのがめちゃくちゃ難しいので覚え方のコツを簡単に書いておく。

英語の動詞の活用はどれくらいあるだろうか?

現在形、過去形、現在分詞、過去分詞、三単現の『s』、せいぜいこの5つくらいだ。
ポルトガル語の動詞の活用は30個以上ある。
なぜかというと主語によって変わるからだ。
Eu(私), você(あなた),nos(私たち),vocês(あなたたち)、この4通りに対して、現在形、不完全過去形、完全過去形、大過去形、過去未来形、未来形、そして接続法の現在形、過去形、未来形がある。
単純に4×9をしたら、36だが、若干全く同じ形のものあるので、30個ほどだ。ただすべて覚えなくともブラジル人との会話に支障はないので一番使うところをどの動詞でも言えるようにしておけばいい。以下の内容は文法書と一緒に理解してほしい。

☆まず活用の全体の傾向を簡単に頭に入れる。

eu  (一人称単数)→ (一・単)
você (三人称単数)→ (三・単)
nos  (一人称複数)→ (一・複)
vocês (三人称複数)→ (三・複)     

とする。

(一・単)(三・単)(一・複)(三・複)を使用頻度で並べると、

você(三・単)> eu(一・単)≧ nos(一・複)> vocês(三・複)
となる。
つまり最も大切なのは、(三・単)の形。ここを起点に覚えればいい。
現在形の場合は、
(一・単)は『o』で終わると覚える。
(一・複)は基本形に『~mos』が付いただけ、と覚える。
(三・複)は基本形に『~am』または『~em』が付いただけと覚える。

強調するが一番大切なのは(三・単)だ。例えば主語がvocêsであっても主語をはっきりと述べていれば、動詞が(三・単)の形でも意味は伝わる。

vocês sabe que ~~

本当は『sabe』ではなくて『sabem』が正しいのだが、主語を省略しなければ理解はしてくれる。


☆よく使う時制から覚える

使用頻度から覚える時制の重要度を示すとこうなる。

(現在形),(完全過去形)≧(不完全過去形)>(過去未来形)>(未来形)>(大過去形)
※接続法は含めてません。

まず、大過去形は僕は使ったことはないし、聞いたこともないので除外。
未来形は口語では、ir+動詞で未来を表すのがほとんどだから、使用頻度は少ない。
たまにブラジル人は会話で未来形をぶっこんでくることがあるが、覚えるのは最後でいい。
過去未来形は婉曲な丁寧表現で使うし、たまに過去未来の時制で使うので知っとくと良い。優先順位としては低め。
するとまず覚えるべきは、(現在形)と(完全過去形)ということになる。 頑張って覚えよう。
一つ注意点だが、現在形の(一・複)と完全過去の(一・複)は形が全く同じである。
つまりに現在のことを言っているか、過去のことを言っているかは文脈から判断するしかないということだ。会話の中であれば、状況的に判断するのは難しくない。

不完全過去は便利なのでぜひ使いこなしたい。


☆不規則動詞、助動詞の活用を覚える

主要な助動詞は最初に覚えよう。『saber』『poder』『ir』『querer』『conhecer』など。
不規則動詞といえど、全体の傾向は同じであるので頑張って少しずつ覚えよう。
また例えば、
manterやconterはterと同じ系列であるし、
supor やcomporはpôrと同じ系列であるといことも知っておくとつながりやすい。


☆何故主語によって活用形が変わるのか?

なぜ、英語はbe動詞しか主語によっては活用が変わらないのに、ポルトガル語は全動詞でこのようなことが起こるのだろうか? その理由は
“英語は主語を省くことができないのに対し、ポルトガル語は主語を省くことができる!”からだ。

例えば

Nos sabemos que Trump ganhou na eleição de presidente.
私たちはトランプが大統領選挙で勝ったことを知っている。

という文は

Sabemos que Trump ganhou na eleição de presidente.

とすることができる。

動詞で主語が変わる。
すなわち、動詞の活用が多いのは、
『主語を動詞に含めてしまって少しでも話すのを簡略化しよう』とした結果であり、少しでも話しやすくしようとした結果だ。
慣れてくれば、上のような主語を省いた言い方もさらっと出てきて、快適さを感じるようになる。
活用が多いのは、
『覚えることがたくさんある苦労ではなく、それを超えた先にある便利さであり、快適さだ』と思って乗り越えて欲しい。

活用形を覚えるポイント
・規則動詞でも不規則動詞でも自制が変わっても主語による活用の傾向は同じ
・(三・単)が一番の起点
・現在形、完全過去形だけでもなんとかなるので最初に覚える。

こんなところだ。


単語力を身につける

文法と一緒に単語力を上げよう。単語力がなければ、言いたいことを言えないし、ブラジル人がしゃべる中で知らない単語が多ければ多いほど理解するのは難しくなっていく。ある程度の単語力はポルトガル語でも必須だ。
ただ英語と比べるとポルトガル語は語彙力が圧倒的に乏しい。5000~8000語程度覚えれば日常生活で使う単語はほとんど入って来ると思う。
単語を一気に頭に入れる為に、単語帳が一冊あるといい。
おすすめはやはりニューエクスプレスブラジルポルトガル語 /白水社/香川正子である。

この単語帳を進める理由が一つあって、少し版が古いものだと、単語の意味やニュアンスが現代のものと微妙に異なることがあるからだ。

先ほども書いたようにポルトガル語は語彙力が乏しく、その結果覚える単語数は少なくて済むのだが、デメリットもある。それは何かというと、『一つの単語の用途、意味が広がる』、ということだ。
つまり、ブラジルで生活していると、『え?その単語そういう意味でも使うんだ。』と驚くことがたまにある。
これは少しずつ慣れていくしかないのだけど、少しでも意味を理解しやすくなる方法は『一番その単語の原義に近い日本語の意味で覚えておくこと』だと思う。
一つ例を挙げよう。
『tranquilo』という単語がある。英語で知っていれば理解はたやすい。
辞書ではこの単語の意味は一番上に『安定した』とか『秩序正しい』と出てくる。これは間違ってはいないのだけど、この単語の原義に最も近い日本語の言葉は『余裕』ではないだろうか。
日常生活の中ではそのニュアンスで使用されることが最も多い。つまり『tranquilo』の意味は『余裕』と理解しておけば、状況的に理解しやすくなる。

そしてこの単語帳は最近のポルトガル語の意味を最も正しくとらえている単語帳だと個人的には思っている。

辞書も手に入れよう。
当たり前だが、ポルトガル語の学習を本気でするなら、辞書を必ず持っておこう。
辞書は現代ポルトガル語辞典 3訂版/白水社/池上岑夫が一番おすすめ。というか他にはあまりない。
3訂版ということもあって以前はあった僕でも気づくレベルの間違いがなくなっている。語彙も非常に豊富でブラジル人が日常生活で使う俗語も結構載っている。俗語には最初は本当に苦労した。というか今でもしている。通常の参考書などには載っていないからだ。この辞書は今あるポルトガル語の辞書の中では一番詳しい辞書だと思う。 電子辞書も持っているが、勉強するときには紙のほうがいいのではないかと思う。紙の辞書の場合、知りたいページを開けば、ほかのものも自然に大量に目に入ってくる。多少脱線したとしても気になったところを読み進めていくとととても勉強になるし、後から役に立ったりするし、徐々につながってきて、関心をもってポルトガル語の勉強ができると思うからだ。従ってポルトガル語学習者に僕が最初にそろえるべきだと思うのは、次の3つ。

ポルトガル語をマスターするにはこれで十分だと思うが、文法書が一つだと不安な人はもう一つくらい良質な文法書を持つといい。




その他文法についての補足。

以下に以前書いたポルトガル語の記事をまとめておく。どれも文法書では微妙に届かないような補足記事であり、理解を助けてくれると思う。

・ポルトガル語の不完全過去形は便利なので使えるようにするべき
→不完全過去形に対する補足。日本語では実は普通に使っているということとしっかり理解する。
・過去分詞の使い方を3つマスターすれば表現がかなり自由になるよ。
→過去分詞の話。大別すると実は3つの用法があり、文を修飾するのにとても役に立つ。
・ポルトガル語の接続法についての補足
→接続法を簡単に理解する。またよく使う接続法の形を暗記するためのもの。
・ポルトガル語動詞の動名詞的使い方について。
→英語の動名詞的な使い方をする場合、英語では進行形を使うがポルトガル語では?
・婉曲な言い回しで丁寧さを表現する方法まとめ
→過去未来形は丁寧な表現に使うということの簡単な考察。
・よく使う主要動詞の説明と使いこなす理解の仕方
→頻出する主要動詞をブラジル人はどのようにとらえているか。少しでも使いやすくなる原義的イメージを簡単に。


これらの記事はなるべく文法書には書いてないことについての解説だ。


STEP3: ポルトガル語を話す機会を創る。

ここまではどちらかというとインプットが主体であった。このあたりからはアウトプットつまり自分から話すことを主体にして行く。
イメージとしてSTEP1,2は継続的に進めながら、比率をSTEP3,4に移していく。話す練習をしながら、分からないことや疑問があれば、戻って勉強しなおす、という感じだ。

ポルトガル語を話す場面というのはある面、二通りあると思う。すなわち『ネイティヴのブラジル人と会話の中で話す』『一人で話す練習をする』かだ。後者のように周りにブラジル人がいなくても話す練習が出来るやり方も後述する。


実践にはブラジル人と友達になるのが一番!

現地に住んでいれば簡単だが、そうじゃない場合、かなり積極性が問われる。
実践にはやはりネイティヴと話すのがやはり一番効果的だ。
この際の心構えとして『間違いを恐れない』『きれいな文法でなくともどんどん話す』ということだ。大半の日本人には難儀なことだが、常に意識しよう。
僕はブラジルにいたから、現地人に会うのはたやすかったが、日本でポルトガル語を学ぶ場合にネイティヴと話す方法をいくつか考えてみた。

・大学生ならば、ブラジルからの留学生はいないか探す。
→大学だったら、なからず見つかると思う。見つけて無理やりにでも友達になる。ブラジル人は陽的でフレンドリーだから友達になるのは容易いが、実は結構ビビりが多いので威圧しないように。

・名古屋、東京、群馬などブラジル人が多く住んでいるところに行く。
→名古屋や東京にはブラジル領事館がありビザの発給の時に行く必要がある。名古屋と東京にあるということはブラジル人が多く住んでいるということだ。また、今は多くが帰国してしまったが、群馬の大泉町はブラジルタウンであり、ブラジル人が多く住んでいてブラジルスーパーやシュハスコのお店もあるし、至る所にポルトガル語で書かれた看板などがある。以前行ったことがあるが、もう一度行ってみたい。

・Twitter、FacebookなどのSNSを使う。
日本の文化(食やアニメ)に関心のあるブラジル人は腐るほどいるので友達になるのはたやすいと思う。仲良くなったら、通話で話せば練習になる。

・スマホアプリのHello Talkを利用する。
f:id:my-load:20190519175507j:plain

このアプリは僕も以前に使ったことがあるが、使いやすくてとてもいい。ブラジル人の使用者は日本語を勉強したいと思っているので、お互いの利害が一致した相手がすぐに見つかる。自分がポルトガル語で送った文章を添削してくれたりするので、文法の確認にも使える。仲良くなってfacebook等で友達になって通話すればかなり話す練習が出来るのではないだろうか。


一人で話す練習をする場合。日本語を素早くポルトガル語に言い換える訓練を積む。

瞬間ポルトガル語作文が出来る参考書を使う。

外国語が話せる人の多くは頭の中で考えた日本語の文章を頭の中で外国語に訳し、話しているに過ぎない。母国語は永遠に母国語である。つまり外国語を話すということは頭の中でその言語に訳すスピードを限りなく上げていくという作業にすぎない。
 そう思えばやることは単純である。『いろんな日本語の文章を読んだ後、または読みながらそれを出来る限り早く瞬時にポルトガル語に訳していく』、そういう練習をすればいい。
それが出来るようになっている唯一の参考書が口が覚えるブラジルポルトガル語 スピ-キング体得トレ-ニング /三修社/高阪香津美だ。

この参考書は見開きの右ページに日本語が載っていて、その裏の左ページにポルトガル語が載っている。一文ずつ読みながら、瞬時にポルトガル語に言い換える訓練を積めば話せるようになる。これがかなり早くできるようになれば、言いたいことがどんどんポルトガル語で言えるようになるだろう。

練習のポイントは以下の通り
・一文ずつ日本語の文章をポルトガル語で出来る限りはやく言い直してみる。
・言い直す際の文法的な間違いは気にしない。裏で答え合わせをする際に確認する。
・それを繰り返しながら、動詞の活用、時制、前置詞の使い方、過去形、未来形、接続法、受動態、関係代名詞、再帰代名詞、人称代名詞など。ニューエクスプレスで出てきた文法を再確認しよう。

この参考書のポルトガル語の文章は中級者向けなのでちょっと難しい。ここまできれいなポルトガル語じゃなくても気にしないでどんどん話そう。


普段の生活の中でも意識してみよう!

これは普段から僕が行っていたこと。やり方は非常に単純。普段自分の周りの人との何気ない会話とか自分一人でいるときに心の中で思ったことなどをポルトガル語でなんていうか考えてみよう。
これはどこでもできる。
その時のキーワードは『これ、ポルトガル語でなんていうんだろう?』だ。
日常生活で使う言葉は口語的なので意外に分からないことも多い。
この表現は自分はまだポルトガル語で言えないんだな、と気づくことが大切。そうしたら、どこか時間のある時に調べてみよう。そのようにして勉強した内容はインパクトがあるので頭の中に記憶として定着しやすく、すぐに使えるようになる。

『常にポルトガル語でなんていうか考える意識を持つ』
『sempre você tem que ter a conciência como que fala todo em português』




STEP4 : ポルトガル語のリスニング力を身につけよう!!

ここまでくればあと少しだ。文法も単語も発音もマスターし、言いたいことをポルトガル語で言える。後はネイティヴのいうことを聞き取れればいい。
ポルトガル語のリスニングは英語よりも遥かに簡単だ
英語のほうが語彙力が多くてずっと難しいと感じる。とはいえすぐに出来るようになるものではないが、おおむね以下のようなイメージでリスニングを慣らしていこう。ポイントは以下の通り。

僕が思うポルトガル語のリスニングのポイント
・聞き取った単語を聞き取った順にその如くに理解していく。
・単語は一つ一つしっかり聞き取るが、文の意味は文全体で理解するよう試みる。
・分からない単語などが多数出てきても気にしないで、右脳も回転させて、想像で補ってでも何を言っているか、文全体の意味を理解しようと努力する。
・上記のようなイメージで大量の音源に触れながら、50%、60%、70%、80%と徐々に理解できる割合を上げていく。
聞き流しはあまり効果がない。聞くならしっかり時間を決めて意味を理解するように集中して聞く。

個人的にはスマホのラジオアプリを使うのが最もやりやすいと思う。

f:id:my-load:20190519175509j:plain

あまり美しい見た目ではないのだけど、この『ラジオブラジル』がandroidアプリの中では非常に使いやすかった。
リスニングはもうひたすら聞くしかない。勿論継続的に単語力や話す練習をしながら、どんどんブラッシュアップしていく。


その他ポルトガル語学習の参考になるサイト

僕も時々参考にするポルトガル語の学習サイト。残念ながらネット上には大して話せる訳でもないのにブログ記事を稼ごうとしてポルトガル語の勉強方法を紹介している人もいるが、そういうのには注意しよう。

・ポル語ル.COM  →僕の中ではポルトガル語情報の最大手
・ポル語まごのて  →ご主人がブラジル人なので情報が正確
so portugues → ブラジルのポルトガル語学習サイト。日本の参考書には絶対に載っていないと思うくらい文法も詳しく解説してある。読むのは大変だろうけど勉強にはなる。

はい。以上がブラジルに3年住み、ポルトガル語歴7年ほどになる僕が考える最も効率的にポルトガル語をマスターする4つのSTEPになります。ちなみにネット上にはポルトガル語は簡単にマスター出来るなどと書いてあることがたまにあるが僕はそれには賛成しない。よほど才能があればそういうこともあるだろうが、どんなに頑張っても1年ないし2年はかかると思うのであまり上達している実感がなかったとしてもあきらめないで継続的に勉強してほしいと思う。