Saudades

ポルトガル語、宗教研究、株式投資を探求するwebメディア。フリーランス目指してます。

新約聖書と旧約聖書の違いについて世界一わかりやすく説明するよ。

スポンサードリンク

f:id:my-load:20190109192145j:plain

ホテルなどで見かける聖書には『新約聖書』と『旧約聖書』の両方が入っているものが多いですよね。
日本人は聖書なんてほとんど興味ないと思いますが、読んでみると結構面白かったりしますし、現代人に必要な倫理的な内容も多くあります。
『新約聖書』と『旧約聖書』の何が違うのかといったときにネット上にもいくつかの記事が見受けられましたが、正直、クリスチャンの方などが書いた主観的な書き方が多かったので、もう少し客観的にその違いを明らかにしておこうと思い、まとめることにしました。
筆者自身も信仰は持ってますが、なるべく客観的にまとめられたらと思います。



『新約聖書』と『旧約聖書』の違いの概要

『新約』と『旧約』の『約』の意味ってそもそも何?

まず「新約」と「旧約」の「約」は「契約」とか、もっと平たく言うと「約束」という意味があります。
「約束」とか「契約」というものは通常一人でするものではないですよね。基本的には相手が必要です。

じゃあ聖書の「契約」は誰と誰が結んでいるでしょうか。

答えは「人間」と「神様」です。

旧約聖書のある代表的な二つの例を見てみます。

『ノアの洪水』の後に神がノアと結んだ『約束』

有名なノアの箱舟の話はよく聞きますよね。ノアの洪水や箱舟といった内容は誰でも知っていますが、僕が個人的に好きなのはむしろ洪水の後に神がノアにした『約束』です。

わたしはあなたがた及びあなたがたの後の子孫と契約を立てる。
:10)またあなたがたと共にいるすべての生き物、あなたがたと共にいる鳥、家畜、地のすべての獣、すなわち、すべて箱舟から出たものは、地のすべての獣にいたるまで、わたしはそれと契約を立てよう。
:11)わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」。
:12)さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約のしるしである。
:13)すなわち、わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。
:14)わたしが雲を地の上に起すとき、にじは雲の中に現れる。
:15)こうして、わたしは、わたしとあなたがた、及びすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた契約を思いおこすゆえ、水はふたたび、すべて肉なる者を滅ぼす洪水とはならない。
:16)にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを見て、神が地上にあるすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこすであろう」。
:17)そして神はノアに言われた、「これがわたしと地にあるすべて肉なるものとの間に、わたしが立てた契約のしるしである」。

ね?ちゃんと『約束』してますよね?
ノアの洪水で地上の生物を滅ぼした神はノアに対してもう二度と同じようなことはしないと近いを立てました。
雨が降った時にできる虹は神様と人間の契約のしるしであるというのです。
神が虹を見るたびにこの時の『約束』を思い出し、再び人類を滅ぼすことがないようになっているというのです。
この内容を知ってから僕も虹を見るたびに未だの当時の神とノアの『約束』は有効なんだなと思って感慨深い気分になります。
『ノアの箱舟』については以下の記事で紹介しています。
www.kenya316.com

もう一つはモーセと神が交わした『約束』すなわち有名な『十戒』です。

神がモーセと交わした『約束』

ノアよりもずっと後に現れてきたモーセの時代にも神はモーセに次のように言っています。

:1)神はこのすべての言葉を語って言われた。
:2)「わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。
:3)あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。
:4)あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。
:5)それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、
:6)わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。
:7)あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。
:8)安息日を覚えて、これを聖とせよ。
:9)六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。
:10)七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。あなたもあなたのむすこ、娘、しもべ、はしため、家畜、またあなたの門のうちにいる他国の人もそうである。
:11)主は六日のうちに、天と地と海と、その中のすべてのものを造って、七日目に休まれたからである。それで主は安息日を祝福して聖とされた。
:12)あなたの父と母を敬え。これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである。
:13)あなたは殺してはならない。
:14)あなたは姦淫してはならない。
:15)あなたは盗んではならない。
:16)あなたは隣人について、偽証してはならない。
:17)あなたは隣人の家をむさぼってはならない。隣人の妻、しもべ、はしため、牛、ろば、またすべて隣人のものをむさぼってはならない」。

これは有名な十戒の内容ですね。
神がまるでモーセと会話しているように記述されていますが、実際にはモーセが自分の身近にいるイスラエル民族の幹部たちと議論し、また神に祈祷を捧げる中でこのようにユダヤ教の土台となる法律を作ったんじゃないかなと思います。

十戒についても下記の記事で紹介しています。

www.kenya316.com

ユダヤ教にとっての『聖書』とキリスト教にとっての『聖書』違い

ユダヤ教にとっての『聖書』とキリスト教にとっての『聖書』は指すものが異なります。
ユダヤ教徒が経典として用いるのは「旧約聖書」であり、「新約聖書」はおそらく用いません。

だから彼らにとっては『新旧』という言い方はありません。「旧約聖書」、「新約聖書」という言葉はそもそもキリスト教から出てきた言葉であるということです。

キリスト教徒は「新約」「旧約」どちらも使いますが、「新約」のほうが重要視します。『新約』は後述しますが、イエスキリストの生涯を土台として書かれているためです。

なぜこのような違いがあるかというと、『イエス・キリスト』をどのように捉えたかに因るからです。ユダヤ教にとってイエス・キリストは救世主ではありません。ですのでイエスを十字架の刑にしましたよね?

逆にキリスト教徒にとっては『イエス・キリスト』は救世主(メシヤ)なのでイエスが来たあとはイエスの言葉とそれを中心とした教えが新しい神との『約束』として捉えているからですね。

したがって、そのように考えるとキリスト教徒が『旧約聖書』と言っているのは、若干、揶揄する意味合いが含まれているのかなとも思います。『いや、それは古い内容だよ』って言っているようなイメージですね。

したがって「新約聖書」と「旧約聖書」で内容は全然違います。
あえてロゴス化するなら旧約と新約はそれぞれの以下のような意味合いになるかと思います。

旧約:いずれメシヤが現れてイスラエル民族(ユダヤ民族)の王になる。
新約:イエス・キリストの言葉に従って悔い改めることにより死後、天国に入る。



『旧約聖書』『新約聖書』の内容を一言で要約すると?

「旧約聖書」はイスラエル民族(のちのユダヤ人)の歴史が記してあります。つまり、イスラエル民族の歴史におけるノンフィクションの内容に脚色して物語チックにしたもの、それが旧約聖書といっていいでしょう。
それに対して「新約聖書」はイエス・キリストの生涯を弟子がまとめた「4つの福音書」を根幹として、イエス・キリストの教えをパウロやヨハネ、ペテロなどの弟子たちがまとめたもの、と言っていいかと思います。


旧約聖書とは何か?

f:id:my-load:20190109192140j:plain

旧約聖書とは、イスラエル民族の歴史を記したものです。
神が天地を想像するところから、アダム、エバの失楽園、ノアの洪水、アブラハムの生涯、モーセの出エジプト、サウル、ダビデ、ソロモンの王国からいとど滅ぼされて、マラキという預言者を中心としてユダヤの国家を建設するまで、ということになります。もう少し詳しく言うと4部構成になっているので後述します。

イスラエル民族って何?ユダヤ人と何が違うの?

イスラエル民族とは今でいうとユダヤ人のことですが、現代では指しているものが若干違います。
現在はユダヤ教に改宗すれば、ユダヤ教徒として認められますが、イスラエル民族といった場合は”血筋”が必要です。
つまりただ一人の先祖をもつわけです。その先祖が旧約聖書でいうと『アブラハム』に当たります。アブラハムの前には有名な『ノアの箱舟』の『ノア』とか、人間始祖である『アダム』と『イヴ』も登場していますが、そこまでさかのぼるとノンフィクションとしての信ぴょう性はほとんどなくなると思います。
それ故にイスラエル民族の先祖は『アブラハム』と考えられています。

『旧約聖書』は4部構成

アブラハムの子供はイサクで、イサクの子供はヤコブですが、このヤコブが12人子供を造り、それぞれが族長となって更に繁殖しました。

その中から出てきたのが有名なモーセであり、サウル、ダビデ、ソロモンなども比較的有名なイスラエル民族の王になります。
最終的に彼らはローマ帝国の属国としてユダヤという国を建国しました。この歴史が記されているのが旧約聖書です。

アブラハムが登場して以降は基本的に事実に基づいて書かれているらしいですが、どれだけ正確な記録が可能だったかは定かではないので、多くの脚色があることは間違いないです。

つまり、旧約聖書とは一言でいうと、”イスラエル民族は頭が良かったから、自らを神に選ばれた民として、自分たちの歴史的事実を物語風に書いた書物”ということになります。

物語風とか言うと反発を受けるかもしれないですが、だったらまず紅海を割って見せてほしいですね。
”アブラハム以降は事実に基づいて”といっているあたり、これでも僕は譲歩したほうです。
ちなみに有名なノアの箱舟の話は、聖書に書いてあるものがオリジナルではなく、ギルガメッシュ叙事詩にオリジナルの話があります。

旧約聖書はイスラエル民族の歴史がメインではありますが、ほかにも多くの書簡があり、全体では4部構成となっています。
『モーセ5書』『歴史書』『詩歌書』『預言書』の4つです。

旧約聖書で最も重要な根幹である『モーセ5書』

第一部は『モーセ5書』です。
・創世記
・出エジプト記
・レビ記
・民数記
・申命記

の5つがここにあたります。
神の天地創造から、アダムとエバの失楽園、ノアの洪水、モーセの紅海を割る話、モーセの十戒などが出てくるのがこの『モーセ5書』です。今あげたのはほとんど『創世記』と『出エジプト記』ですが。
ここは旧約聖書でも最も重要な部分になります。ユダヤ教にとっては特に、ですね。というのもやはり『十戒』があるのでユダヤの法律の原型となっている部分だからです。

建国から滅亡、再びエルサレムに帰還するまでを『歴史書』

これは『ヨシュア記』から『ネヘミヤ記」までの内容になります。
モーセはエジプトからイスラエル民族を連れ出し、カナンの地(現在のパレスチナ地方)を目指しますが、実は途中で荒野に倒れます。志半ばで命を落とすわけですね。それが確か、申命記の最後です。そのあとを引き継いだのがヨシュアです。ヨシュアは信仰を以てかカナンに巣食っていた異邦の民族を打ち滅ぼし、イスラエル民族はその地に建国するようになります。士師と呼ばれる自治区の長達や、サウル、ダビデ、ソロモンなどのが出てくるのがこの辺りですね。しかし、その後バビロンに滅ぼされて、再びエルサレムの辺りに戻ってくるまでが書かれています。


文学的な面が強い『詩歌書』

『詩歌書』は『ヨブ記』『詩編』『箴言』『伝道の書』『雅歌』が収録されています。
この辺りはその名の通り、『詩』や『歌』のような文学作品となっています。信仰的な立場では結構、お!と思う一節などもあったりするんですが、僕が特に好きなのを一つ紹介すると『伝道の書』にある

『神のなされることは時にかなってすべて美しい』

ですかね。こんな感じで詩的表現で書かれています。

『預言者』たちの言葉と生き様を収めた『預言書』

『預言書』は次のようになっています。 ・イザヤ書 ・エレミヤ書 ・哀歌 ・エゼキエル書 ・ダニエル書 ・ホセア書 ・ヨエル書 ・アモス書 ・オバデヤ書 ・ヨナ書 ・ミカ書 ・ナホム書 ・ハバクク書 ・ゼファニア書 ・ハガイ書 ・ゼカリヤ書 ・マラキ書

僕も全部はまだ読んだことがないです。これはそれぞれの『預言者』の言葉や障害の伝道活動などが記録されています。よく聞いていたのは『ヨナ書』ですかね。ヨナは神に命令されてとある街に行け、と言われるのですが、怖くて逃げだします。しかしその後、鯨か何か大きな魚に飲み込まれるシーンがあり、その腹の中でヨナは悔い改めます。そして神の命令に従って、人々に悔い改めを説く、というような内容となってます。ヨナについては以下の記事で紹介しております。

www.kenya316.com

ではなぜイスラエル民族はこのような書物を残したのか?

なぜイスラエル民族はこのような書物を書くようになったのでしょうか。 旧約聖書を見るとわかりますが、イスラエル民族が置かれた立場が大きく影響しているではないかと考えられます。
いつからイスラエル民族が神を信じていたかは分からないです。
神を信じた彼らは自分たちを”神に選ばれた民”と考えていました。
そして神がいつの日か救世主メシヤなる存在を送ってくれると信じていました。神とかメシヤという存在はイスラエル民族にとっての拠り所でした。
旧約聖書を見ればわかりますが、その歴史には苦難が多く、いつか自分たちを解放してくれるものが現れるという慰めがあったほうが生きやすかったのではないかと思います。
イスラエル民族の苦難の例を挙げれば、ヤコブの子供たちがエジプトで繁殖した後はエジプトの原住民に奴隷として扱われていました。そこでリーダーシップをとってエジプトを脱出したのがモーセですね。
それは出エジプト記に記してあります。
またサウルやダビデが収めた王国は後に分裂した後、バビロンに滅ぼされて捕囚となりました。
何とか生き延びて現在のイスラエルの地に戻ってきた彼らが預言者であるマラキに従い建国したのがユダヤという小さな国でした。
このようにどちらかといえば”支配される”立場にいた彼らが強く望んでいたのがメシヤの降臨であり、イスラエル民族にとってのメシヤとは政治的な解放者ということになります。つまり国を導いていく強いリーダーなので非常に現実的な話です。
メシヤに対する信仰が普及したのは預言者が神がメシヤを送るという予言を聖書に残しているからです。ユダヤ教の布教のために旧約聖書は大いに役に立ちました。
ちなみに同じ一神教のキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の違いについては以下の記事がお勧めです。

www.kenya316.com



新約聖書とは何か?

f:id:my-load:20190109192150j:plain

では新約聖書は何でしょうか。
新約聖書は最初マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる4つの福音書があり、その次に使徒行伝、さらにローマ人への手紙、コリント人への手紙などのパウロの書簡があり、ヤコブ、ペテロなどの手紙があり、ヨハネの黙示録という形になっています。
一言でいうと”イエス・キリストの生涯とその教えをまとめたもの”と言っていいかと思います。
旧約聖書を記したのはユダヤ民族ですが、新約聖書を記した者はユダヤ民族の中からキリスト教徒に改宗した人たちです。
御存知のようにその後、キリスト教は世界中に爆発的に広まりました。

4つの福音書はイエスの生涯の記録書

4つの福音書はかなり有名なので、まったく興味のない日本人でも少しは耳にしたことがあるのはないでしょうか。
福音書がなぜ書かれたか?ということを考えようと思ったときに、イエス・キリストの弟子になった気分で考えてみるとなんとなく理解できると思います。
イエスの教えを聞いていた人たちはイエスが死んだらどのように考えるでしょうか?皆さんであれば、どうしますか?

信仰深い信徒たちはイエスの生涯の足跡を残さないといけないと考えたわけですね。これは至極当然のことだと思います。
その功績を称え、未来永劫残すため、その教えをイエスの言葉で伝える為といったところですね。

従って、4つの福音書はマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネというイエスの弟子たちによって書かれたイエスの生涯の記録です。
彼らは取税人、医者、漁師などの仕事をしていましたが、その信仰ゆえに綿密に調べ上げ<bイエスの言動をまとめたました、それが4つの福音書になります。
イエスの誕生から、十字架での死、復活までが書いてあります。
イエスが十字架でなくなったのは33歳なのでおよそ30年分のイエスの生涯の記録ですが、幼少期はほとんど記されていません。
イエスは、父親であるヨセフの家を出て布教活動に邁進していきますが、その時点ではすでに、家族とほとんど絶縁状態にあったと考えられます。従って幼少期の証言を集めるのは難しかったのではないかと思います。
4つの福音書は時系列はどれも同じです。
よって内容そのものは同じですが、ある福音書ではこの部分が詳しく書いてあるのにこちらにはない、という部分もありますし、弟子たちの主観や細やかさによって書かれ方が若干異なります。ヨハネによる福音書が一番詳しく書かれている気がしますので、僕ならヨハネによる福音書を進めますね(笑)。もちろん、ほかのでもいいですよ。


『使徒行伝』は弟子たちの布教活動の様子を記録したもの

その次にある『使徒行伝』にはイエス・キリストが死んだあとに弟子たちが布教活動をしていく様子が記録されています。
ただもっと正確に言うとパウロが自分の布教活動を記録したものになるでしょう。

使徒行伝を書いた人物は誰?『パウロ』は『イエス』を迫害する立場だった?

使徒行伝を書いたのは『パウロ』という人物です。
このパウロがかなり重要人物です。というのも実に新約聖書の7割を記述したと言われているのがこのパウロだからです。
ほとんど書いたのパウロじゃん!ってなりますよね。僕もそう思いました。そして使徒行伝を見るとパウロは破竹の勢いで人々を伝道していくんですよね。 その様子が凄まじくて、使徒行伝を読んでから僕はこのパウロのファンになる始末です。

ただここで気を付けないといけないのはパウロはイエス・キリストが死んだ後にイエスの弟子になった人であるということです。

パウロは元々の名前をサウロといい熱心なユダヤ教徒でした。
ユダヤ教徒はイエス・キリストをメシヤとしては受け入れず結局十字架で殺しました。
そしてサウロ(パウロ)は最初、それに同調していました。
つまり熱心にイエス・キリストとその弟子たちを迫害していた立場だったわけですね。実際キリスト教最初の殉教者といわれるステパノが石で打ち殺される時もサウロは同じ広場にいて”そいつを殺せ”と叫ぶほどです。
そのサウロがなぜか、イエス・キリストがなくなった後にキリスト教に改宗し、布教活動に邁進していったわけですね。

サウロを伝道者として選んだイエス

じゃあ、なぜサウロは改宗したの?ってなりますよね。
使徒行伝にはサウロが改宗する場面が書かれています。
サウロ自身が記したものですが、ある時サウロは3日3晩、目が見えず耳が聞こえない状態だったようです。おそらく昏睡状態、危篤状態に陥っていたのではないかと思います。
その夢の中でイエス・キリストが現れてサウロに語り掛け、伝道しました。
目覚めたサウロの目からは鱗のようなものが落ちたと聖書には記録されています。これが実は”目から鱗が落ちる”という慣用句の起源となっているんですね。おそらくサウロは昏睡状態に陥って生死の境をさまよった後、夢でイエスが現れて、奇跡の生還を果たしたからイエスすげー!!ってなって改宗したんじゃないかなと思います。
しかし、ここで注意しないといけないのは何かというと、パウロ(サウロが後に改名)はイエス・キリストには直接会ってなくない?ってことですね。
それにもにもかかわらず新約聖書の約7割を残している訳です。
故に新約聖書を研究する人の中にはキリスト教のことをパウロ神学だ、という人もいます。イエスの本当の教えがパウロの主観によって間違って伝えられてしまったんじゃないかというわけですね。
ただ個人的にはその意見には反対です。なぜかというとやはりパウロを直接伝道したのは、夢の中とは言えイエス・キリストであるからです。
もちろんそれ自体もパウロ本人が残した記述なので多少の脚色はあると思われます。ただ逆に考えてみたときに、すなわち、パウロがキリスト教に改宗しなかったなら、おそらくキリスト教は今のように世界中に広まってはいなかったと思うんですよね。そう考えるとパウロの功績は非常に大きいです。
ですのでイエス・キリストからしたら、パウロが自分の教えを部分的にしか理解していないことは百も承知だったと思われます。それでもこの時代に少しでも、多くに人を救っていくために必要なのはこの人だ!!ということでパウロを選んだのではないでしょうか。
実際パウロはものすごい勢いで伝道していきました。


パウロの書簡は信仰姿勢を正すもの

パウロの書簡は全部で十四の手紙からなり、基本的にはパウロが各教会や、個人に向けて書いた手紙です。では何が書かれているかというと信仰姿勢のようなものだと僕は認識しています。簡単に言えば、『愛する』とか『救い』とか『感謝』とか『悔い改め』とかそういう内容ですね。やっぱりある程度、教会や信徒が増えてくると、いろいろな悩みや問題や迷いが出てくるんですね。それらをなだめながら、うまく教えを伝えていく為にそのような文書を書き残したんじゃないかなと思います。


新約聖書まとめ

『パウロの書簡』のあとには、ヤコブ、ペテロ、ヨハネの『公同書簡』や『ヨハネの黙示録』がありますが、まぁ似たような内容だと思ってもらえれば良いです。よって新約聖書をまとめると”イエスの生涯を4人の人物がまとめたものとパウロがイエスの教えを伝え聞いて独自の解釈でまとめ上げたもの+イエスの弟子たちの書簡”という感じになるでしょう。


『旧約聖書』と『新約聖書』の違いまとめ

最後に『旧約聖書』と『新約聖書』の違いを簡単に表にまとめました。これは結構僕の主観が入ってしまっているかもしれないので参考までに。別にユダヤや旧約聖書を軽んじているわけでは全くないです。本当にこういうイメージだと思います。

旧約聖書と新約聖書の違い

はい。
以上が旧約聖書と新約聖書の違いになります。
重要な点をまとめたつもりです。もしかしたら間違っているところもあると思うので何かありましたら具体的に指摘してください。ネット上の他の記事を見たら、かなり主観が混ざっているものが多かったのでイラっとして書きました。
僕が書いたこの記事もクリスチャンやユダヤ教徒がみたらイラっとすると思います(笑)。