Saudades

ポルトガル語、宗教研究、株式投資を極めるwebメディア。飛騨高山についても発信中。

新約聖書と旧約聖書の違いについて世界一わかりやすく説明するよ。

スポンサードリンク

f:id:my-load:20190109192145j:plain

ホテルなどで見かける聖書には『新約聖書』と『旧約聖書』の両方が入っているものが多いですよね。
日本人は聖書なんてほとんど興味ないと思いますが、読んでみると結構面白かったりしますし、現代人に必要な倫理的な内容も多くあります。
『新約聖書』と『旧約聖書』の何が違うのかといったときにネット上にもいくつかの記事が見受けられましたが、正直、クリスチャンの方などが書いた主観的な書き方が多かったので、もう少し客観的にその違いを明らかにしておこうと思い、まとめることにしました。
筆者自身も信仰は持ってますが、なるべく客観的にまとめられたらと思います。



『新約聖書』と『旧約聖書』の違いの概要

まず「新約」と「旧約」の「約」は「契約」とか、もっと平たく言うと「約束」という意味があります。
「約束」とか「契約」というものは通常一人でするものではないですよね。基本的には相手が必要です。

じゃあ聖書の「契約」は誰と誰が結んでいるでしょうか。

答えは「人間」と「神様」です。
例えば、有名なノアの箱舟の話。神は洪水で地上のすべての生き物を滅ぼした後、ノアに対して次のように言っています。

わたしはあなたがた及びあなたがたの後の子孫と契約を立てる。
:10)またあなたがたと共にいるすべての生き物、あなたがたと共にいる鳥、家畜、地のすべての獣、すなわち、すべて箱舟から出たものは、地のすべての獣にいたるまで、わたしはそれと契約を立てよう。
:11)わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」。
:12)さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約のしるしである。
:13)すなわち、わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。
:14)わたしが雲を地の上に起すとき、にじは雲の中に現れる。
:15)こうして、わたしは、わたしとあなたがた、及びすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた契約を思いおこすゆえ、水はふたたび、すべて肉なる者を滅ぼす洪水とはならない。
:16)にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを見て、神が地上にあるすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこすであろう」。
:17)そして神はノアに言われた、「これがわたしと地にあるすべて肉なるものとの間に、わたしが立てた契約のしるしである」。

これは非常にわかりやすい神と人間の約束です。
ノアの洪水で地上の生物を滅ぼした神はノアに対してもう二度と同じようなことはしないと約束していますね。
雨が降った時にできる虹は神様と人間の契約のしるしであるというのです。
『ノアの箱舟』については以下の記事で紹介しています。

www.kenya316.com

またノアよりもずっと後に現れてきたモーセの時代にも神はモーセに次のように言っています。

:1)神はこのすべての言葉を語って言われた。
:2)「わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。
:3)あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。
:4)あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。
:5)それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、
:6)わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。
:7)あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。
:8)安息日を覚えて、これを聖とせよ。
:9)六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。
:10)七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。あなたもあなたのむすこ、娘、しもべ、はしため、家畜、またあなたの門のうちにいる他国の人もそうである。
:11)主は六日のうちに、天と地と海と、その中のすべてのものを造って、七日目に休まれたからである。それで主は安息日を祝福して聖とされた。
:12)あなたの父と母を敬え。これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである。
:13)あなたは殺してはならない。
:14)あなたは姦淫してはならない。
:15)あなたは盗んではならない。
:16)あなたは隣人について、偽証してはならない。
:17)あなたは隣人の家をむさぼってはならない。隣人の妻、しもべ、はしため、牛、ろば、またすべて隣人のものをむさぼってはならない」。

これは有名な十戒の内容ですね。
神がまるでモーセと会話しているように記述されているが、実際にはモーセが自分の身近にいるイスラエル民族の幹部たちと議論し、このようにユダヤ教の土台となる法律を作ったんじゃないかなと思います。

またユダヤ教徒が経典として用いるのは「旧約聖書」であり、「新約聖書」はおそらく用いません。
だから彼らにとっては『新旧』の区別はありません。「旧約聖書」、「新約聖書」という言葉はそもそもキリスト教から出てきた言葉であるということです。
キリスト教徒は「新約」「旧約」どちらも使いますが、「新約」のほうが重要視します。『新約』は後述しますが、イエスキリストの生涯を土台として書かれているためです。
したがって「新約聖書」と「旧約聖書」で内容は全然違います。
「旧約聖書」はイスラエル民族(のちのユダヤ人)の歴史が記してあります。つまり、イスラエル民族の歴史におけるノンフィクションの内容に脚色して物語チックにしたもの、それが旧約聖書といっていいでしょう。
それに対して「新約聖書」はイエス・キリストの生涯を弟子がまとめた「4つの福音書」を根幹として、イエス・キリストの教えをパウロがまとめたもの、となります。


旧約聖書とは何か?

f:id:my-load:20190109192140j:plain

旧約聖書とは、イスラエル民族の歴史を記したものです。
イスラエル民族とは今でいうとユダヤ人のことで、現在はユダヤ教に改宗すれば、ユダヤ教徒として認められますが、イスラエル民族といった場合は”血筋”が必要です。
つまりただ一人の先祖をもつわけです。その先祖が旧約聖書でいうと『アブラハム』に当たります。アブラハムの前には有名な『ノアの箱舟』の『ノア』とか、人間始祖である『アダム』と『イヴ』も登場していますが、そこまでさかのぼるとノンフィクションとしての信ぴょう性はほとんどなくなると思います。
それ故にイスラエル民族の先祖は『アブラハム』と考えられています。
アブラハムの子供のイサクで、イサクの子供はヤコブですが、このヤコブが12人子供を造り、それぞれが族長となって更に繁殖しました。
その中から出てきたのが有名なモーセであり、サウル、ダビデ、ソロモンなども比較的有名なイスラエル民族の王になります。
最終的に彼らはローマ帝国の属国としてユダヤという国を建国しました。ここまでの歴史が記されているのが旧約聖書です。
アブラハムが登場して以降は基本的に事実に基づいて書かれているらしいですが、どれだけ正確な記録が可能だったかは定かではないので、多くの脚色があることは間違いないです。

つまり、旧約聖書とは一言でいうと、”イスラエル民族は頭が良かったから、自らを神に選ばれた民として、自分たちの歴史的事実を物語風に書いた書物”ということになります。

物語風とか言うと反発を受けるかもしれないですが、だったらまず紅海を割って見せてほしいですね。
”アブラハム以降は事実に基づいて”といっているあたり、これでも僕は譲歩したほうです。
ちなみに有名なノアの箱舟の話は、聖書に書いてあるものがオリジナルではなく、ギルガメッシュ叙事詩にオリジナルの話がある。

ではなぜイスラエル民族はこのような書物を残したのでしょうか?
それには彼らの信仰が大きく関係しています。
いつからイスラエル民族が神を信じていたかは分からないです。当時周りの宗教といえば多神教が一般的でした。そんな中でただ一人の神である唯一神に人類歴史上最初に仕えるようになったのがイスラエル民族です。
神を信じた彼らは自分たちを”神に選ばれた民”と考えていました。
そして神がいつの日か救世主メシヤなる存在を送ってくれると信じていました。神とかメシヤという存在はイスラエル民族にとっての拠り所でした。
旧約聖書を見ればわかりますが、その歴史には苦難が多く、いつか自分たちを解放してくれるものが現れるという慰めがあったほうが生きやすかったのではないかと思います。
イスラエル民族の苦難の例を挙げれば、ヤコブの子供たちがエジプトで繁殖した後はエジプトの原住民に奴隷として扱われていました。そこでリーダーシップをとってエジプトを脱出したのがモーセですね。
それは出エジプト記に記してあります。
またサウルやダビデが収めた王国は後に分裂した後、バビロンに滅ぼされて捕囚となりました。
何とか生き延びて現在のイスラエルの地に戻ってきた彼らが預言者であるマラキに従い建国したのがユダヤという小さな国でした。
このようにどちらかといえば”支配される”立場にいた彼らが強く望んでいたのがメシヤの降臨であり、イスラエル民族にとってのメシヤとは政治的な解放者ということになります。つまり国を導いていく強いリーダーなので非常に現実的な話です。
メシヤに対する信仰が普及したのは預言者が神がメシヤを送るという予言を聖書に残しているからである。ユダヤ教の布教のために旧約聖書は大いに役に立ちました。
ちなみに同じ一神教のキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の違いについては以下の記事がお勧めです。

www.kenya316.com



新約聖書とは何か?

f:id:my-load:20190109192150j:plain

では新約聖書は何でしょうか。
新約聖書は最初マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる4つの福音書があり、その次に使徒行伝、そのあとにローマ人への手紙、コリント人への手紙など手紙系がたくさんあります。
一言でいうと”イエス・キリストの生涯とその教えをまとめたもの”と言っていいかと思います。
旧約聖書を記したのはユダヤ民族ですが、新約聖書を記した者はユダヤ民族の中からキリスト教徒に改宗した人たちです。
ご存知のようにその後、キリスト教は世界中に爆発的に広まりました。

4つの福音書はイエスの生涯の記録書

マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによって書かれたイエスの生涯の記録です。
彼らは取税人、医者、漁師などの仕事をしていましたが、その信仰ゆえに綿密に調べ上げ<bイエスの言動をまとめたました、それが4つの福音書になります。
イエスの誕生から、十字架での死、復活までが書いてあります。
イエスが十字架でなくなったのは33歳なのでおよそ30年分のイエスの生涯の記録ですが、幼少期はほとんど記されていません。
イエスは父親であるヨセフの家を出て布教活動に邁進していきますが、その時家族とはほとんど絶縁したような状態になるので幼少期の証言を集めるのが難しかったのではないかと思います。
4つの福音書は時系列はどれも同じです。
よって内容そのものは同じですが、ある福音書ではこの部分が詳しく書いてあるのにこちらにはない、という部分もありますし、弟子たちの主観や細やかさによって書かれ方が若干異なります。


『使徒行伝』は弟子たちの布教活動の様子を記録したもの

その次にある『使徒行伝』にはイエス・キリストが死んだあとに弟子たちが布教活動をしていく様子が記録されています。
ただもっと正確に言うとパウロが自分の布教活動を記録したものになるでしょう。
このパウロがかなり重要人物です。実は上で紹介した4つの福音書以外を書いたのはほとんどこのパウロだからです。
実に新約聖書の7割程度を記したことになります。
ただここで気を付けないといけないのはパウロはイエス・キリストが死んでからイエスの弟子になった人であるということです。
パウロは元々の名前をサウロといい熱心なユダヤ教徒でした。
ユダヤ教徒はイエス・キリストをメシヤとしては受け入れず結局十字架で殺しました。
そしてサウロ(パウロ)もそれに同調していました。
つまり熱心にイエス・キリストとその弟子たちを迫害していたわけですね。実際キリスト教最初の殉教者といわれるステパノが石で打ち殺される時もサウロは同じ広場にいて”そいつを殺せ”と叫ぶほどでした。
そのサウロがなぜかイエス・キリストがなくなった後にキリスト教に改宗し、破竹の勢いで布教活動をしていきました。
使徒行伝にはサウロが改宗する場面が書かれています。
サウロ自身が記したものですが、ある時サウロは3日3晩、目が見えず耳が聞こえない状態だったようです。おそらく昏睡状態に陥っていたのではないかと思います。
その夢の中でイエス・キリストが現れてサウロを伝道しました。
目覚めたサウロの目から鱗のようなものが落ちたと聖書には記録されています。これが実は”目から鱗”という慣用句の起源となっています。おそらくサウロは昏睡状態に陥って生死の境をさまよった後、夢でイエスが現れて、奇跡の生還を果たしたからイエスすげー!ってなって改宗したんだと思います。
しかし、ここであれ?ってなるのは何かっていうと、パウロ(サウロが後に改名)はイエス・キリストには直接会ってなくね?ってことですね。
それにもにもかかわらず新約聖書の7割以上を残している訳です。
故に宗教を研究する人の中にはキリスト教のことをパウロ神学だ、という人もいます。イエスの本当の教えが正しく伝わっているかは分からないというわけですね。
ただ個人的にはその意見には反対で、それはなぜかというとやはりパウロを直接伝道したのは夢の中とは言えイエス・キリストであるからです。
イエス・キリストからしたら、パウロが自分の教えを完全には理解していないことは百も承知だったと思われます。それでもこの時代に多くに人を救っていくために必要なのはこの人だ!ということでパウロを選んだのではないでしょうか。
実際パウロはものすごい勢いで伝道していきました。

そしてそのあとの新約聖書の~への手紙シリーズもほとんどパウロが記したものであり、どっかの教会などにどのように信仰生活をすればいいかの助言を記したものです。

新約聖書をまとめると”イエスの生涯を4人の人物がまとめたものとパウロがイエスの教えを伝え聞いて独自の解釈でまとめ上げたもの”という感じになるでしょう。


はい。
以上が旧約聖書と新約聖書の違いになります。
重要な点をまとめたつもりです。もしかしたら間違っているところもあると思うので何かありましたら具体的に指摘してください。ネット上の他の記事を見たら、かなり主観が混ざっているものが多かったのでイラっとして書きました。
僕が書いたこの記事もクリスチャンやユダヤ教徒がみたらイラっとすると思います(笑)。